Drama

超地味な本格刑事ドラマ『ボッシュ』をオススメする3つの魅力

海外ドラマの刑事もの…たくさんあって溢れていますよね。

ギャグ要素満載のドタバタコメディ系の刑事ドラマもあれば、毎回毎回テロリストと戦って町中で撃ちまくっちゃうようなエンタメ要素の強い刑事ドラマもあります。

そんな中でも、じっくり腰をすえて観たい刑事ものは…やっぱり超真面目で本格的なものじゃないでしょうか?

そこで今回お勧めしたい刑事ドラマが、ボッシュ(原題:BOSCH)。

日本ではアマゾンプライムにて視聴することが可能なドラマとなっております。

↓英語版ですが予告です↓

残念ながらシーズン1の日本語版予告がありませんので、このような感じですが、なんとなく雰囲気は伝わりますかね?

このドラマ、好き嫌いはあると思いますが、とにかく本格的でおもしろいんです。

日本ではなかなか話題になっていませんので、見たことない方も多いのではないでしょうか。

なので今回はドラマ【ボッシュ】をオススメするポイントとして魅力をネタバレなしで3つご紹介します!

ボッシュ…とは?

このドラマのタイトルである「ボッシュ」とは主人公のファミリーネーム。本名は”ハリー・ボッシュ”です。

ロスアンジェルス警察(通称LAPD)の敏腕刑事で様々な事件を追います。

これはアメリカの作家マイクル・コナリーによるハードボイルド小説が元になっています。

なおこの「ハリー・ボッシュ」シリーズは累計で5000万部も売り上げたほどの人気

これが映像化というだけあって、非常に本気度がうかがえるドラマです。

このドラマの3つの魅力

本格派の刑事ドラマ

このドラマでは非常にリアルな警察の中身を見ることができます。

捜査をする際に活躍するのは地道な努力。特殊能力で犯人を追い詰めたり、超ハイテクな機械を使って犯人を見つける…なんてことはまずありません。

じゃあどうするか?歩いて聞き込みするんです。

また、刑事ものでは見どころの一つでもある「銃撃戦」。街中で派手にドンパチやっちゃう海外ドラマもたくさんありますよね。

じゃあこのドラマではどうなのか?控えめに撃ちます。(?)

そして、警察とは切っても切ることのできない「政治」。これもしっかりと出て来ます。

事件の解決を謳いながらも全ては選挙のために行っている政治家や、その政治家の恩恵を受けるために動く警察署長など…

『本当に現実でも行われていそうだなぁ』と思えるほどのダークな部分も演出しており、それがよりドラマを本格的にしています。

うちのネコ
うちのネコ
といっても私自身がどれほど実際のアメリカ警察に近いかは判断できませんがね…

普通すぎる俳優陣

語弊がある言い方をしてしまいましたが、もちろんそれは演技のことではありませんよ!

最近のドラマで多い傾向があるのは、とにかく「人気のある俳優」や「容姿端麗な俳優」を使って話題に乗ろうというもの。

海外ドラマでは少ないかもしれませんが…個人的にこの考え方は好きではないです。

しかしこのボッシュ、そんなことは無視したかのような、あくまで役に忠実な俳優ばかりを起用しています。

うちのネコ
うちのネコ
いや、だからと言って出演者が「人気がない」とか「容姿端麗ではない」とかではないですよ!ほんと!

これは製作者側が”本気で最高のハリー・ボッシュ・シリーズ作ろうぜ!”って考えてるのがよくわかります。

登場する俳優さんがみんな『本当に役者さんなの?』ってぐらいキャラに馴染んでいます。つまり演技が最高にうまいです。

なので、捜査に関係する刑事さんたちがみんなおじさん!もう女性ウケなんて狙ってません。

そしてボッシュの上司もおばさん!こうなったら男性ウケも狙ってません。

じゃあどこを狙っているのか…それは「本格的な刑事ドラマを見たい人を狙い撃ちする」。そんな風に感じれるドラマなんです。

淡々と進む地味な展開

本格的な警察もので、俳優陣も役に忠実な人を起用する。そうなるとどうなってしまうのか。

そうです、地味な感じになってしまうのです。

しかし私は言いたい。それこそがボッシュの魅力でもあるんです。

もちろんドラマですから、何もないってことはありえず話は常に進行します。しかし全てが必ずインパクトのある話か?っていうとそうゆうことでもないですよね。

わざとすぎるBGMをガンガン使って見ている人を無理やり感動させるやり方なんかもありますが、ボッシュではほぼないです。

そして些細な人間の感情だったり気持ちを無視せず、それを大げさに誇張して演出することもないです。

たわいもない痴話喧嘩や、職場内の信頼関係や嫉妬など。それらをうまく表現し、見ている人に共感させたりします。

なので地味になるんです。我々も普段の生活で何事もドラマチックになることなんてないですから。

しかし、その地味さがもう本当にかっこいい。

まさに夜ひとりでじっくりと見るドラマとしては最適すぎる内容となっています。

まとめ

今回は海外ドラマ「ボッシュ」の魅力を3つ紹介させていただきました。

なお”淡々と進む地味な展開”と言わせていただきましたが、決してストーリーがつまらないという訳ではないです。

むしろ、本当に周りでありえそうな展開が非常におもしろい。

うちのネコ
うちのネコ
といってもアメリカなんで日本人からしたら異世界並ですけど…

ある事件がやがて大きくなり、巻き込まれる人間も多くなっていく。それをボッシュが解決していきます。

見たことない方は是非ご覧になってください!

あわせて読みたい
ドラマ『プリーチャー』シーズン1のキャストとネタバレアマゾンプライムにて視聴可能な海外ドラマ、プリーチャー(PREACHER)。プリーチャーとは日本語に約すと「説教師」、つまり神の教えを人...