Drama

超本格刑事ドラマ『ボッシュ』シーズン1のメインキャスト紹介!

本格的な刑事ドラマを見たい方には1000%の自信でお勧めできる海外ドラマ、ボッシュ(原題:BOSCH)

日本ではアマゾンプライムにて視聴することが可能なドラマとなっております。

↓英語版ですが予告です↓

エンタメ性を無視するような淡々としたストーリーが癖になる、まさに大人向けのドラマで、私は非常にお勧めしたい作品です。

今回はドラマ【ボッシュ】のシーズン1のあらすじと、登場するメインキャストをご紹介します!

あらすじ

LA市警殺人課の刑事ハリー・ボッシュ(タイタス・ウェリヴァー)は容疑者を射殺した事件で裁判にかけられていた。ある日、少年の白骨化した遺体が発見され、ボッシュは自らの過去と向き合うことに。新米警官ジュリア・ブレイシャー(アニー・ワーシング)との出会いがある一方、署内の駆け引きに巻き込まれながらもボッシュは正義を貫こうとする。
アマゾンプライム内容紹介より引用

シーズン1のメインキャラクター

ハリー・ボッシュ(演:タイタス・ウェリヴァー)

ロス市警ハリウッド署の殺人課の刑事。このドラマの主人公。

離婚した妻”エレノア”と、娘の”マディ”がいる。現在はロサンゼルスに一人で住んでいる。

元特殊部隊(グリーンベレー)で活躍した経験を持ち、戦場に派遣されたこともある。

ジェリー・エドガー(演:ジェイミー・ヘクター)

ボッシュの相棒。同じくロス市警ハリウッド署の殺人課の刑事。

ボッシュとは違いオシャレ好き。どこに行くにもスーツに靴とびしっと決めていく。

グレイス・ビレッツ(演:エイミー・アキノ)

ボッシュの直属の上司であり、友人でもある。

シングルマザーで娘が一人いる。ボッシュの良き理解者の一人。

アーヴィン・アーヴィング(演:ランス・レディック)

ロス市警本部長代理。グレイスと同じくボッシュの上司にあたる。

妻と息子がいて、息子も同じくロス市警の警察官。

政治家の権力争いにも巻き込まれることが多い。

エレノア・ウィッシュ(演:サラ・クラーク)

ボッシュの元妻で元FBI捜査官。プロファイリングの専門家。

現在は別の男性と再婚し、ラスベガスのカジノでギャンブラーとして勤務している。

うちのネコ
うちのネコ
海外ドラマファンの方ならすぐに気付いたと思いますが…ドラマ「24」のニーナ・マイヤーズ!

マディ・ボッシュ(演:マディソン・リンツ)

ボッシュの娘で、現在は母親のエレノアとその再婚相手と共にラスベガスに住んでいる。

ボッシュのことを慕っているが、思春期真っ盛りということもあり好奇心旺盛で両親に心配をかけることも多い。

ジュリア・ブレイシャー(演:アニー・ワーシング)

ロス市警の新米警官。パトカーに乗って地域を回る町の警察官。

のちにボッシュと交際することになる。

まとめ

あまり内容には触れられないため、ちょっと薄めな紹介になってしまいましたが…これはもう実際のドラマを見ていただくのが一番かと思います!

あらすじにもある通り、「少年の白骨化死体」がきっかけで様々な出来事がリンクしていきます。

超本格的なドラマのため、わざとらしい演出がなく、ある意味地味なドラマですが、それがボッシュの最大の魅力です。

超地味な本格刑事ドラマ『ボッシュ』をオススメする3つの魅力海外ドラマの刑事もの…たくさんあって溢れていますよね。 ギャグ要素満載のドタバタコメディ系の刑事ドラマもあれば、毎回毎回テロリスト...
うちのネコ
うちのネコ
アマゾンプライム加入者の方は見て絶対損はないと思うよ