Drama

ドラマ『ブルックリン・ナイン-ナイン』シーズン1のオススメ紹介

ネットフリックスを起動して、再生ボタンをポチッと押すことが日課となってしまいました。再生するのはもちろん、海外ドラマ「ブルックリン・ナインナイン」です!

アメリカの都市「ブルックリン」にあるニューヨーク警察99分署で繰り広げられるコメディドラマで、毎回ユルーい内容で楽しませてくれるめちゃくちゃ面白ドラマです。

ドラマの一番の魅力、それは超個性的な登場キャラクターたち!それぞれがいいキャラしていて、なおかつ絶妙にミックスしていきますので、もう見ていて楽しくないわけがない!そのキャラクターたちは前回の記事で紹介させていただきました。

あわせて読みたい
お薦めドラマ『ブルックリン・ナイン-ナイン』主要キャストを紹介海外のコメディドラマといったら何を思い浮かべますか? 日本でも有名どころといえば、ちょっと前でいえば「フレンズ」とか「フルハウス」...

一話あたり20分で、一話ごとに完結型のドラマなので非常に観やすいです。また内容がギュッと詰まっているため満足感たっぷり。

今回はそんなブルックリン・ナインナインのシーズン1の全22エピソードの中で個人的に一押しのエピソードを6つ紹介します。

シーズン1は各キャラの個性が徐々に出てきて、なおかつおもしろいエピソードも多いです!最初厳選して5話に絞ろうと思いましたが、結果6話となってしまいました。

ネットフリックスに加入していて観ようかどうか迷っている人、すでに観たけどハマらなかった人、これらのエピソードを是非観てほしいです!

オススメエピソード

多少のネタバレを含みます。ご注意ください。

第4話 臨死体験

タイトルは「臨死体験」ということで、メインはジェイクの話になっていますが、私がお勧めしたいのはエイミーの話。

なんだか機嫌が悪い署長…その理由を知るために、そして機嫌を直してもらおうと、頑張り屋のエイミーがいつも通り頑張ります。

しかし何をやっても裏目に出てしまうエイミー。署長はなんで機嫌が悪いのか。

このエピソード、とにかくエイミーがすげーキュート!エイミーファンの人は必見です!

第6話 ハロウィン

ハロウィンといえばオバケのコスチュームを着てお菓子を貰う行事。日本でもハロウィンの盛り上がりっぷりはすごいようですね。

ブルックリン・ナインナインで今後恒例となる対決はこのときから始まりました。ジェイクと署長による戦いです。ジェイクは署長の部屋にある勲章を12時までに盗み出すと宣言し、署長はそんなの不可能だといいます。

ジェイクは様々な方法で盗み出そうとしますが、さすが署長。一切の隙も見せずジェイクの試みを防いでいきます。

ジェイクは盗み出すことができるか?それとも…?

721st
721st
このエピソード、シーズン1の中でベスト3に入るぐらいオススメ

第7話 48時間

ある強盗事件を担当したジェイク。しかしその強盗の方法や特徴が、過去に逮捕した犯人のものと同じだったため、ジェイクはその犯人を逮捕します。

しかし問題発生。実は証拠が全くなかったのです。そのせいで48時間以内に罪を認めさせないといけません。それができなかったら釈放です。誤認逮捕ってことで訴えられる可能性も…

そのため署のメンバーは、証拠を集めるために週末返上で働かなくてはいけなくなります。ジェイクのせいで週末を潰された仲間たちからは大ブーイング!

彼らは48時間以内に証拠を発見することができるのか?

第8話 昔気質

ある本の著者が、取材のため99分署にやってきます。「昔のワイルドな警察官の題材にした本」はジェイクの大好きな本。

その著者と打ち解けるためにお互い酒を飲みまくりましたが、その際酔って言ってはいけないことを言ってしまいます。それが記事になることを必死に止めようとするジェイク。

このエピソードは笑えるだけでなく、心温まるエピソードともなっています。ブルックリン・ナイン-ナインには笑いだけでなく、こうゆうところもあるんだよ!っていうのを知っていただきたい。

うちのネコ
うちのネコ
また、この回は爆破エピソードでもある

第13話 勝負の結果

初回のエピソードから繰り広げられている、ジェイクとエイミーの逮捕数勝負。どちらが多くの犯人を逮捕できるか、人数で競い合います。

ジェイクが勝てば、エイミーはデートしなくてはいけません。逆にエイミーが勝てば、ジェイクの車を好きにすることができます。

デートと言っても、ジェイクはエイミーのことが好きだからデートに行きたいわけではなく、恥をかかせるためのデートを目的としています。勝敗は最終日に!

この回ではひとつのある変化が起きるエピソードです。誰にどんな変化が起こるのか。見逃せない!

第19話 気になって仕方がない

訓練の日ということで、99分署のメンバーたちは他の署の人たちとペイントボールを使った訓練を行います。この訓練は一種のタイムアタックになっており、全ての武装勢力を倒して人質を解放するまでの時間を競い合います。

そしてこのエピソードでは毎回楽しいだけのメンバーが超活躍!そしてそれがめちゃくちゃカッコいいです!

個人的にオススメするのはチャールズ!手榴弾の扱いにはビビリますよ、かっこよすぎて。まあチャールズのキャラとのギャップでめちゃ笑いましたが。

うちのネコ
うちのネコ
アメリカの警察官って、こんな特殊部隊のように動けるのは普通なのでしょうか?

まとめ

今回の6話をお勧めした理由はズバリ「笑いだけではないブルックリン・ナインナインの魅力が詰まったエピソード」だからです。

ただ海外ドラマをオススメすると、普段ドラマを観ない人は同じようなことを言います。

「じっくり観る暇がない」とか「字幕を観ながらなので疲れる」とか、そんな意見を時々聞きます。でも、もしそれが問題点なのであれば、ブルックリン・ナインナインは全く心配ありません!

私は「じっくり観る暇がなく、疲れている時にこそ是非見てほしい海外ドラマ」として紹介したいぐらいだからです。

一話あたりが短いから時間もとられませんし、話もゆるいので、そこまで本気で見る必要もなし!(おい)さらに観て笑えば元気も出ます!

さらにこのドラマは誰も傷つけない優しいコメディドラマです。人を傷つけるようなブラックジョークなんかもないので、海外のコメディはちょっと…って人にも入りやすいと思います!

現在はネットフリックスでしか観ることができませんが、会員の方はとにかく観てみましょう!