Movie

デッドプール(ネタバレ・感想)この映画どストライク!おすすめ紹介

ヒーローなんだけど、ヒーローじゃない。ふざけまくってんだけどカッコイイ。不死身のミュータントが戦う映画といえばデッドプール(Deadpool)ですね。

前回アントマンの記事を書かせていただき、異色なヒーローと表現させていただきましたが、もっと異色な人がいました。まあ彼はヒーローという括りではないと思いますのでカウントいたしませんが。

あわせて読みたい
アントマン(ネタバレ・感想)予想のはるか上をいったおすすめヒーローヒーローの中でもなかなかの異色なヒーローと言っていい、アントマン(Ant-Man)。体が小さくなるという従来のヒーローとは逆を行くスタイ...

デッドプールもマーベルコミックスに登場するキャラクターです。以前X-MENの映画にデッドプールが出てきましたが、あれとは全く別物です。

そしてこの映画、マーベル初のR15作品ということで、製作者側もヒーロー映画として作ってないようです。子供が見れないヒーロー映画なんて普通ありませんから。

さて、勝手ながら評価をさせていただきます。

久々にとんでもないものが当たりました。もう最高過ぎて、続けて2回見たぐらい面白かったです。正確に言えば、私にとってのドストライク映画だった、ということでしょう。

点数で言ったら92点はいってます(100点じゃないんかい!)。今回は私が感じたデッドプールの魅力を語らせてください。

今回は、映画【デッドプール】のネタバレを含むレビューを紹介します。

あらすじ

ウェイド・ウィルソン(ライアン・レイノルズ)は、以前は優秀な特殊部隊の傭兵として活躍していたが、今は悪者を気まぐれに痛めつけては金を稼いでいる。すっかり正義のヒーロー気取りの彼は恋人との結婚も決まり幸福の絶頂にあったが、いきなり末期ガンだと診断される。とある組織にガンを根治できると聞いたウェイドは、彼らに同行して人体実験を受ける。
シネマトゥデイより引用

レビュー

これ以降はネタバレを含みます。ご注意ください。

この映画、きっと日本人には賛否両論ありそうだな、と思います。表現の過激さやギャグ、音楽に至るまでがっつりアメリカンです。

なので見る人によって色々あるかとは思いますが(実際に評価サイトを覗くと悪い意見も結構ある)、ただ私にとってしたらサイコーだったという感じです。順にご紹介します。

アクションがサイコー

いきなりハイウェイでの熱いアクションから始まりますが、ここがいきなり心を掴んできます。

敵の車に乗り込み暴れまわり、ド派手な転倒クラッシュ。その時のスローモーションシーンが本当にクールです。そしてそれがオープニングのシーンとして使われているのもいい。

クラッシュ後の銃撃戦で、銃弾を忘れて12発しかない、ということで数えながら敵を撃っていきます。全ての敵をヘッドショットで瞬殺。

この時デッドプール自体が全く緊張感ないところがまた良い。

デッドプールのアクションは基本的にすべてスピーディーでテンポがいい。そのため刀でのアクションが非常に映えます。

BGMがサイコー

これは本当に好みになると思いますが、今回使われている曲が完璧でした。中でも良かったのが…

まず、最初にハイウェイで絵を描くデッドプールが聞いていた曲。SALT-N-PEPA”Shoop”

絵を描きながら、微妙に音ハメしているデッドプールが可愛いです。

お次がウェイドがデッドプールとして活動を始め出した時にシーンで流れてたBGM。相手の親玉に近づくために、悪人を殺しまくっている時の音楽で、まさにぴったし。Teamheadkick”Deadpool Rap”

映画とは関係ありませんが、この曲をダウンロードし聞きながらランニングしたら…タイムが上がりました。

そして最後はラストシーンでの恋人ヴァネッサを救出しに行くシーン。デッドプール、コロッサス、ネガソニックの3人で歩いているシーンです。

この時の曲がDMX“X Gon’ Give It To Ya”。この時の3人が曲に合っていてめちゃくちゃかっこいい。

出演者がサイコー

やはり世間的にはライアン・レイノルズが人気かもしれません。イケメンでかっこいいですからね。

しかし私的に今回の映画で良かったのは2人。T・J・ミラーブリアナ・ヒルデブランドですね。

まずはT・J・ミラーから。バーの店主で、ウェイドの親友役ウィーゼルを演じています。

彼はコメディアンということでコメディ映画の出演が多いです。また、クローバー・フィールドにも出演していましたね。

あわせて読みたい
クローバーフィールド/HAKAISHA(ネタバレ・評価)酔うのは覚悟して あらすじ とあるニューヨークの夜、日本への転属が決まり、赴任することになったロブ(マイケル・スタール=デヴィッド)のために、大勢の...

今回の良かったシーンはやはり、ミュータント化したウェイドの顔を見てむちゃくちゃいうところでしょう。笑わせてもらいました

詳細はかなり下品な内容なので、ここではお伝えしませんが、相手が気にしているであろうことをズバズバ真顔で言いまくるところが笑えます。

 
もう1人はX-MENの1人、ネガソニック・ティーンエイジ・ウォーヘッドを演じたブリアナ・ヒルデブランドです。

ボウズ頭で不機嫌そうな顔にピアス、という一見イカつい感じの女の子ですが、これがまためちゃくちゃ可愛い。生意気そうな感じで、人付き合いも好きではないようですが、時々出る笑った顔がまさに天使です。

また、身長もあまり大きくないので、コロッサスとともに歩いているとよりその小ささが強調されて、可愛い。戦う前にツイートするのも可愛い

調べてみたらまだ21歳ということで、これから先色々な映画で見ることになるような気がします。

コメディ要素がサイコー

きっとデッドプールが人気になったのも、この部分が大きいと思います。

デッドプールでは様々なところで他の映画のパロディや実際の事実を織り交ぜてきます。観客として観ている我々に話しかけてくるのも新鮮で楽しいです。

最初のオープニングシーンでもライアン・レイノルズが表示を飾る雑誌が出てきますし、かつての映画やマーベルに関することもチラホラ登場します。

またタクシー系のネタが私は好きでした。ラストバトルの前では武器の入ったバッグをタクシーに忘れ電話する、といったシーンは普通にコメディとして面白い部分も多いです。

ここがマイナス8点

最初に、この映画が最高に面白かった、と言いましたが点数は92点をお伝えしました。

マイナス8点はどこなのか。それは、ヴィランの魅力というところです。

今回の敵はウェイドをミュータントに変えるために残虐な行為を繰り返し行ったエイジャックス。本名はフランシスです。

彼は確かにムカつく敵の親玉でしたが、いかんせん特徴がなさすぎました。彼のミュータントとしての能力は、超人的な反射神経と体の感覚がない無痛無感覚、ということでしたが正直パッとしなかったです。

こちらは3人とも見た目で特徴ありましたが、彼は普通のカッコでしたしね。もう少しヴィランらしい見た目や能力を持っていてくれたらよかったと思います。

これは2も観なくては!

デッドプールはヒーローだと思いますが、これはヒーロー映画ではないです。なので子供向きではないです。足も普通に斬られますし、首も飛びます。

この要素が私的にはちょうどいいと思いました。この映画は本当に特定の層のみ狙った感じで、そこにはまっている人なら楽しく見れることができるでしょう。

そして鑑賞後気づきましたが、この映画全体的にキックアスという映画に近いなと思いました。かなりバイオレンスですが、そこを演出とBGMと出演者でうまく表現しているところが似ていました。

なんにせよ、私は非常に楽しませてもらいました!必ず2も観にいきます!