Movie

映画『ローン・サバイバー』ネタバレ感想。これが実話だとは…

映画【ローン・サバイバー(Lone Survivor)】のあらすじ、注目おすすめポイント、そしてネタバレを含む感想をご紹介します!

実話を元にした戦争映画、ローン・サバイバー。

アメリカが誇る精鋭特殊部隊ネイビー・シールズによるアフガニスタンでのミッション中に起きた惨事を映画化したものです。

ローンとは英語で”lone”となり、「ひとりの」という意味になります。状況的に「ひとりの」というよりは「あったものが無くなってしまった」という悲しみや寂しさも含まれています。

ミッション中に起きてしまった惨事とは何だったのか。

あらすじ

2005年6月、アフガニスタンの山岳地帯である特殊任務に就いていた4人のネイビーシールズは200人を超えるタリバン兵の待ち伏せに遭い、猛攻撃を浴びてしまう。それは世界最強の戦闘能力を持つ精鋭部隊といえども、死に等しい絶望的な状況だった。そんな想像を絶する極限状況の中、一人の兵士が生き延び奇跡的に生還する。
シネマトゥデイより引用

この映画は、この作戦で唯一生還した元隊員マーカス・ラトレルさんの手記を元にした映画で、あらすじとタイトルからわかるように、仲間は皆亡くなってしまいます。

いってみれば結果はすでにわかっていますので、このあとどうなるのかな?と観る映画というよりは、「実際にあった出来事を知るための映画」です。

勇敢に戦った4人のネイビーシールズと、マーカスさんが生き延びた奇跡を観ることができます。

注目おすすめポイント

まるでドキュメンタリー映画

冒頭から衝撃的な映像で始まります。超過酷な訓練をする隊員たちの映像です。

訓練の風景や、訓練以外での内容を少しずつ映像を繋ぎ合わせ、いかに壮絶な訓練か。いかにネイビー・シールズとして一人前になることがすごいことかを映し出します。

訓練が辛くなり、辞めたい人は鐘を3回叩いてヘルメットを置き去っていく。

きっと想像もできないぐらい過酷な訓練だと思います。特に水中で息を止める訓練をやっていましたが、意識が朦朧としてしまい簡単な掛け算ができないほどでした。

これらは実際の映像でしたが、本編でもドキュメンタリー映画のようなリアリティのある映像が観ることができます。

かなり凄惨なシーンもありますが、正直ものすごく引き込まれる作品です。世界では本当にこんなことがあったのか、と色々考えさせてくれます。

ということで、映画 ローン・サバイバーはこんな人にオススメです

  • 映画を通して、実際にあった出来事を詳しく知りたい
  • 銃を使った戦闘を観るのが好き
  • 戦争映画なので、血や人の死なども大丈夫

レビュー・感想

これ以降はネタバレを含みます。ご注意ください。

レビューとか感想を簡単に言える映画でもないんですが…本当に衝撃的な映画だなと思いましたね。

何が衝撃的か。まずは何と言っても、最初のネイビー・シールズの訓練シーンですね。

私も多少ワークアウトをします。もちろんあんな軍人さんに比べたら子供の逆上がりぐらいのレベルですが。

何が衝撃って、あれを全てクリアしても決してゴールじゃない、ってところです。あの辛い訓練を受けて向かう先が戦場ですからね。もっと辛いことが待ってるわけですよ。

それでも行く理由が彼らにはあるんだ、というのが私のようなノホホンと生活している奴からしたら衝撃的でした。

そして、映画の中に出てきた村の人々。あれも本当に衝撃的です。

私のような無知な人間からしたら、村の人もタリバンに協力的なのかな、と思ってしまいます。現に、羊飼いの青年が解放後に即知らせにいった状況を見ると、アフガニスタン全体がアメリカと戦っているのかな、と思ってしまいました。

しかし、そうではなかったんですね。村の人はそうではなかった。あそこは感動した、というより驚きでした。

村の人らは「パシュトゥーンワーリ」という部族の掟でマーカスさんを守ったというのも本当にドラマのようなことと思います。

もしも、その掟を信仰しようとしてない村だったら。そもそも発見した人たちがタリバンの恐怖から告げ口してしまったら…これは確かに奇跡ですね

では少しだけ本筋からそれて、映画を見て思ったことですが…

なんであんなに電波悪いのよ!あの電波悪すぎなのはどうにかならないんですかね?そもそもあれが全ての原因でしょう。

この出来事があったのは2005年ですから、もちろん今のようなどこにでもWi-fiってワケにはいかないでしょうが、それにしても唯一の通信手段としてあんなに頼りないものでいーのか!とモヤモヤしましたね。

そして、助けてくれた少年!

なんでナイフじゃなくてアヒルなんだよ!ジェスチャーを見てもアヒルの要素ないだろ!唯一あの映画でほっこりできたよ!本当ありがとう!

ということで、やっぱりあのような出来事が現実に世界で起きているということが一番の衝撃でした。

なのでやっぱり実感わかないんですよ、本当に映画としての物語にしか見えない。あれが実際に起きてたとか…まあ多少脚色した部分もあるかとは思いますが。

観た人みんながいいそうですが、自分がいかに恵まれてるか。当たり前に暮らしている日本がどんなに有難いことなのか。

よく考えなきゃいけないですし、考えさせてくれたいい映画だったと思います。