Movie

映画『ロボコップ2』ネタバレ感想。失速感が否めない2作目

瀕死の警察官をロボットに移植し、街の平和を守るために戦うアクション映画の2作目、ロボコップ2(RoboCop 2)。

1987年に公開されたロボコップの続編になりますね。話も1作目からそのまま続いており、登場人物もほぼ同じ人たちが演じています。

1作目のロボコップに関しては、以前ネタバレと感想を書かせていただきました。

1作目に関しては、なんと言ってもツッコミどころが多く、いい意味でその「訳のわからなさ」を楽しませてもらいました。

あわせて読みたい
なんでだよ映画『ロボコップ』ネタバレ感想!ツッコミ追いつかず当時は画期的な映画として、人気になったロボコップ(RoboCop)。1987年に公開されたアメリカ映画で、シリーズ化され3まであり、20...

が、2作目は色々無難にまとまってると言いますか…あの「訳のわからなさ」が無くなってしまい正直楽しめなかったですね。。

今回は映画【ロボコップ2】のあらすじ、そしてネタバレを含む感想をご紹介します!

あらすじ

治安の悪化が止まらない犯罪都市デトロイト。警察官もストライキを起こすほど、街の秩序は乱れていた。そこに「ヌーク」と呼ばれる新型の麻薬が蔓延しはじめる。その頃、巨大企業オムニ社は治安維持のためにロボコップ2を開発していた。
犯罪撲滅のためにロボコップは麻薬組織壊滅を試みるが…

ざっとネタバレ

※映画を見ようとしている人はご注意ください。

治安の悪化が止まらない犯罪都市デトロイト。

その頃オム二社では「ロボコップ2」の開発に力を入れていたが、ロボットとあわせる殉職警官がうまく機能しない。

よって一人の女性科学者ジュリエット・ファックス博士は、犯罪者に目をつけ始める。

一方街では新しい麻薬「ヌーク」が蔓延。警察官も手に染めるなど、町全体に悪影響を及ぼしていた。

麻薬組織壊滅を試みるロボコップ。敵のアジトに侵入するが、逆に捕えられてしまう。

敵の残虐な行為によってバラバラにされてしまうロボコップ。彼を直すためにオム二社に依頼をすることになる。

しかし修復時におかしなプログラムを入れられてしまい、役立たずになってしまうロボコップ。

何とかそのプログラムを削除し、密売組織の親玉ケインを重傷を負わせて逮捕することに成功した。

しかしそのケインこそロボコップ2に相応しいと感じたオム二社のジュリエット・ファックス博士は、ケインを殺し、その脳と脊髄をとり、ロボコップ2に移植する。

恐ろしい力を得たロボコップ2は暴れまわるが、最後にはロボコップと対決し、ロボット本体から脳と脊髄を取り出させられて死亡。

今回の危機もロボコップによって守られた。

レビュー・感想

今回は1作目にあったグロイい描写はほとんどありませんでした。もしかしたら1作目の後に路線変更したほうがいいかも!って誰かが言い出したのかもしれませんね。

なので1作目のようなカオスなシーンはなかったです。

ただ、あの街の秩序の悪さを表現したやり方は好きでしたね。子ども野球チームが店を強奪する、って言うのはなかなかカオスですから。

だいぶ前の映画なので大丈夫だったのでしょうが、今だったら確実に視聴者からクレームでしょうね。『うちの子が真似したらどうするのよ!』的な。

ただあれは店をやってる側も問題ですけどね。特にミサイル等を盗まれて、しまいには殺されてしまった銃火器店のオーナー。

あんな治安の悪いところで、武器屋なんて…

うちのネコ
うちのネコ
そりゃ奪ってくれっていってるようなもんですよ

そしてやはり今作で気になったのは敵のイケメン少年でしょう。

ガブリエル・デーモン(Gabriel Damon)という俳優さんで、2006年ぐらいまでは俳優として活躍していましたが、現在はプロデューサーなどに回っているようですね。

ネットで検索するといくつか画像が出てきますが、大人になってもイケメンのままなようです。

今回の敵だったロボコップ2。まあ中身は犯罪者なので、正確にはロボコップではないですがなかなかのインパクトだったと思います。

ただ結局ロボコップもロボコップ2も武器は銃だけなんですよね。これがやはり2018年現在からみたら地味でした。楽しめなかったのはそうゆうところもあったと思います。

正直今回の2作目に関しては、なかなかツッコミどころがなく、期待が高かっただけに見終わった後は残念な気持ちになってしまいました。

うちのネコ
うちのネコ
もっともっと「なんだよ、その展開はw!」と言いたかった