Drama

最強スナイパードラマ『シューター』キャストやあらすじを紹介

元アメリカ海兵隊の隊員が、大統領殺しの罪を着せられるクライム・サスペンスドラマ。

なんだかありがちな設定ですが、このドラマの特徴は主人公がかつて最高の狙撃兵だった、という点です。スナイパーです。

このドラマは、ネットフリックスにて“ネットフリックスオリジナル”として独占配信されています。2018年6月現在シーズン3まで公開中です。

今回は海外ドラマ ザ・シューター/極大射程のあらすじ・おすすめポイント・キャストを紹介します!

あらすじ

極めて有名な狙撃兵であったボブ・リー・スワガーは引退して妻子とともに静かに暮らしていたが、かつての海兵隊の同僚アイザック・ジョンソンに請われてシアトルでのアメリカ大統領狙撃を阻止しようとする。だが狙撃は実行され、その罪を着せられたスワガーは狙撃犯として指名手配される。

とんでもない射撃の腕を持つ元隊員のスワガーは、引退して妻と娘と3人で平和に暮らしていました。しかし突然海兵隊の元同僚アイザックがやってきます。

彼はスワガーに“誰かが大統領を暗殺しようとしている。どこから撃ってくるか。同じスナイパーとして意見がほしい”と依頼をします。

スワガーは自分なりに現地には足を運び様々な調査をして、シューティングポイントを見つけだしますが、結果として暗殺は起きてしまいました。

しかもその射撃場所でスワガーはFBIに発見され逮捕されてしまうのです。

注目おすすめポイント

スナイパーにフォーカスを当てた作品

このドラマには多くのアクションシーンが登場し、ほとんどが銃撃戦です。海外のドラマにありがちですが、この作品の場合は主人公がスナイパーというだけあり、遠距離で敵を狙う、というシーンが多いです。

大人数で『うおらぁぁぁぉ!』といいながらドンパチする感じではなく、静まった中で相手を狙い一発で仕留める、という感じです。

しかもそれが遠いんです。ちょっと遠いというもんではなく、スゲー遠いんです。

そしてそれを確実に仕留めてきます。これは観ていて快感ですよ。

特にゲームでFPSが好きな人。そうでない人より70倍楽しめると思います。

ということで、ドラマ ザ・シューター/極大射程はこんな人にオススメです

  • 銃を使ったアクションが大好物
  • FPSのゲームがおもしろすぎて抜け出せない
  • スナイパーのかっこ良さを知っている(もしくは知りたい)

メインキャラクター紹介

これ以降は少しだけネタバレを含みます。ご注意ください。

このドラマは最初全てが謎に包まれているので、次第にキャラが登場していきます。なので最初に紹介できるのは4人だけです。

ボブ・リー・スワガー(演:ライアン・フィリップ)

元アメリカ海兵隊武装偵察部隊の超一流の狙撃兵。現在は引退し、妻のジュリーと娘のメアリーとともに郊外で静かに暮らしています。

あらゆる銃に精通していて、特にライフルにかけては相当な知識を持っています。

またかつてはアフガニスタンにて任務をこなしていて、そこで親友を失ってしまった辛い過去も背負っています。

今回はかつての同僚アイザックに大統領暗殺の可能性があることを知らされ、協力を依頼されますが、結果としてそれが最悪な方向へ向かってしまいます。

ネイディーン・メンフィス(演:シンシア・アダイ=ロビンソン)

FBIの女性捜査官。

仕事熱心で正義感も強く、自分が正しいと思うことは貫きたいタイプです。そのため上司とぶつかることもしばしば。

今回は大統領の護衛のため周囲を警戒中のところ、逃走しているスワガーを取り押さえます。

ジュリー・スワガー(演:シャンテル・ヴァンサンテン)

ボブの妻で一児の母。いわゆる一般的な専業主婦。

現在は3人で仲良く暮らしつつ、ボブが過去におった戦場での辛い思い出を慰めるなど献身的に彼を支えます。

アイザック・ジョンソン(演:オマー・エップス)

シークレットサービス幹部でボブの海兵隊での上官。ボブとはアフガニスタンでともに命をかけた仲で、強い信頼関係もあります。

今回大統領暗殺しようとしているのが有名なスナイパーということを聞き、それを阻止するため、同じく腕の立つスナイパーのボブ・リー・スワガーに協力を依頼します。

しかしそれには何か裏がありそうな…

レビュー・感想

まずスナイパーのかっこよさがやばいです。スナイパーの凄さを知るためのドラマとしては最適でしょう。

当たり前のことながら、遠くから撃つことは近くで撃つよりも数倍難しいです。その時の風や角度も影響します。なので瞬時に計算することが重要です。

もちろん凡人には全く想像できないものですが、それをドラマでは見ることができます。正直自分もライフルを撃ってみたいなと思っちゃいますね。(ちゃんとしたところでね!)

そして、ストーリーも秀逸です。

謎が謎を呼び、誰がスワガーを嵌めたのか。何のために嵌めたのか。それらが明らかになっていくところはどんどん見たくなってしまうでしょう。

ただし個人的な意見として、全体的な状況を把握するのがちょっと大変ですね。登場人物も多く、集中しないと『あれ。こいつ誰だっけ?』となってしまうこともあるかもしれません。

ただしドラマ自体は1話40分程度で10話しかないため結構スパッと見れるかもしれません。

このドラマはハラハラした展開と、スナイパーの良さを発揮する大変面白いドラマです!ぜひご覧になってください!オススメ!