Book

時計館の殺人(上)(あらすじ・考察)下巻にむけて推理してみた

今回は館シリーズの第5弾「時計館の殺人」。これまでに4つの館で殺人事件がおき、遂に5つ目の館に来ました。

著者の綾辻行人さんの館シリーズは面白いとネットで発見して以来、遅ればせながら順に読ませていただいております。そしてこれが本当におもしろい!ちなみに私のオススメは「迷路館の殺人」です。

あわせて読みたい
迷路館の殺人(ネタバレ・感想)ラストは絶対騙されるミステリー小説が好きな方は読んでない人はいないであろう有名な「館シリーズ」。綾辻 行人さんの著書でシリーズ3作品目の作品です。 十...

そして今回の時計館はシリーズ初の上下刊となっています(新装改訂版ということで)。

せっかく上下刊に分かれているのであれば、上巻読了後、自分で事件を整理して推理をしようと思いました。私は探偵でもなんでもなく、ただのサラリーマンです。が、これを機に名探偵になれるかもしれない、という思いを込めて書かせていただきます。

今回は綾辻 行人さんの著書【時計館の殺人(上)】を読んだ感想と自分なりの推理を紹介します。

レビュー

これ以降は上巻のネタバレを含みます。またこれまでの館シリーズのネタバレにもなってしまう内容もございます。ご注意ください。

まずは時計館の殺人(上)のあらすじを紹介いたします。

あらすじ

鎌倉の外れに建つ謎の館、時計館。角島・十角館の惨劇を知る江南孝明は、オカルト雑誌の”取材班”の一員としてこの館を訪れる。館に棲むという少女の亡霊と接触した交霊会の夜、忽然と姿を消す美貌の霊能者。閉ざされた館内ではそして、恐るべき殺人劇の幕が上がる!
出典:講談社文庫 作品内容より

今回のストーリーでは、最初の時点で多くの人が亡くなっており、それらを説明するのは非常に大変なため、省きます。

まずは、ストーリーの整理をしてみます。上巻では主に2つの場面が交互に進んでゆく形です。時計館の「旧館」と「新館」です。

旧館では、オカルト系雑誌「CHAOS」の特集として、時計館に出ると噂される少女の霊を見るために雑誌編集部と霊能者、およびW**大学の超常現象(ミステリ)研究会の生徒が3日間泊り込みをします。

旧館で繰り広げられる話の登場人物は以下の通りです。

  • 小早川 茂郎(雑誌副編集長)
  • 河南 孝明(新人編集者)
  • 内海 篤志(カメラマン)
  • 光明寺 美琴(霊能者)
  • 瓜生 民佐男(大学生)
  • 樫 早紀子(大学生)
  • 河原崎 潤一(大学生)
  • 渡辺 涼介(大学生)
  • 新見 こずえ(大学生)

新館では時計館の当主や管理者、使用人などがいて、そこに館シリーズではおなじみの素人探偵とW**大学の大学生が加わります。先代当主の残した謎のメッセージを解読するためです。

新館で繰り広げられる話の登場人物は以下の通りです。

  • 古俄 由季弥(時計館当主)
  • 伊波 紗世子(時計館管理人)
  • 田所 嘉明(使用人)
  • 野々宮 泰斉(占い師)
  • 鹿谷 門実(小説家)
  • 福西 涼太(大学生)

なお上巻終了時点で、旧館にいた以下の人物に不幸がありました。実際に死んでしまった描写とそうでない方もいます。
 
大学生 樫 早紀子(殴られて死亡)
大学生 渡辺 涼介(殴られて死亡)
カメラマン 内海 篤志(殴られて死亡か?発見はされていない)
霊能者 光明寺 美琴(行方不明)
 
 
そして上巻終了時点でわかった事実はこちらです。

・今回の雑誌の特集は霊能者の光明寺美琴が自ら持ち込んだ企画
・霊能者の光明寺美琴は雑誌副編集長の小早川と愛人関係。
・過去に館の少女が落とし穴に落ち、それがきっかけで自殺してしまった。それを作ったのは現在大学生の瓜生、樫、河原崎、福西。(誰かがそのときはいなかった可能性あり)
・過去に自殺した館の看護婦「寺井明江」の妹が霊能者の光明寺美琴(本名 寺井光江)
 
 
最後に私が気になった推理したい箇所がこちらです。
 
・管理人の伊波さんがイヤホン(補聴器)をつけている理由
・過去の多すぎる死人数
・当主の由季弥に対し過度に面倒をみようとする管理人の伊波さん
・「樫」「渡辺」「内海」が殺された理由
 
 

さて上記をふまえた上で、早速細かい部分から推理していきましょう。
※何度も言いますが、素人の浅い推理ですのでツッコミは無しでお願いします。

伊波さんのイヤホンはいったい?

これに関しては多分一種の盗聴器だと思います。設置されているのは旧館内のどれかの時計の1つです。旧館にある時計コレクションに触らないでくれといったのが、その理由です。

きっと彼女は何か情報を得たいのだと思います。そしてその情報とは「誰が永遠お嬢様が落ちてしまった落とし穴を掘ったのか?」です。それを霊能者の光明寺美琴と共謀して知るために今回の特集に協力しました。

光明寺美琴(本名 寺井光江)としても、姉の自殺の原因となったその落とし穴に関して知りたいと思ったでしょう。しかし、その当時に誰が掘ったかなんて、当人たちも忘れているはず。なので芝居をして「真っ暗な穴」「痛い」といった連想ワードを出して思い出させようとした、ということです。

なぜ過去に多くの人が亡くなってしまったのか?

事故や病気で亡くなったとありますが、やはり多すぎると思います。これらを別の理由で考えると、「証拠隠滅」が考えられます。つまり何者かがある真実を隠そうとしているのではないか?という推理です。

もし上記の推理が当たっている場合、現在も生きている人物が怪しいです。そうなると一番は管理人の伊波さんでしょう。もしくは未だきちんと説明がない使用人の田所も怪しい。

そしてこんな考え方もできます。死んだと見せかけて実は死んでない、という事実です。もちろん全員とは言いませんが、すでに亡くなっているとされている者が実は死んでいなかった、というのは大いに考えられます。

私が気になったのは伊波さんのご主人「伊波裕作」です。理由は何か。ただの勘です。しかし、使用人の田所は「伊波裕作」なのではないか?とも考えています。

伊波夫婦の娘「今日子」も9歳という若さで死んでいるのに詳しい状況が一切語られておりません。これはもしかしかすると…殺された?ってことは過去の殺人は伊波夫婦の復讐?

由季弥に対する伊波さんの態度

少し不思議に感じます。確かに「おぼちゃまのために」って言う理由で色々世話をするのはわかるのですが、他の人と関わらせることをひどく嫌がっているように感じました。結局鹿谷も会うことができていませんので。

伊波さん曰く、由季弥は姉の死のショックで今では「自分の夢の世界だけで生きている」と言っていました。

ここでひとつ仮説を立てるなら、これは嘘で実は由季弥は正常なんではないか、ということです。つまり「お姉さんはどこ?」というのも事実で、現在もお姉さんに会っている、ということになります。

しかし永遠の死が嘘だったってことは考えられないので、そうなると他の誰かが永遠の代わりとして生活しているということになります。それは誰か。年齢的に言っても可能性があるのは「伊波今日子」でしょう

そうするとさっき自分で考えた推理を自分で潰してしまうことになりそうです。つまり「伊波夫婦の復讐」って線はない、ということです。うーん。

「樫」「渡辺」「内海」が殺された理由

これはあくまで「落とし穴を掘った人を殺す」という理由をメインで考えた時の推理です。

まず「樫」に関しては、しっかりした女性というイメージがありますので、過去に永遠にあった時に自己紹介をしていた可能性があります。もしくは永遠を家まで送った際に自己紹介をしたのかもしれません。

仮に永遠が「今日早紀子ちゃんという子にあったよ」と話していたのであれば、樫早紀子は落とし穴を作ったうちのひとりとして確実、と思ったのかもしれません。

次に「渡辺」に関しては、犯人の勘違いだったと思われます。彼はメガネをかけており、穴を掘ったとされるもうひとりの大学生「福西」もメガネです。

可能性として、彼らが昔永遠を家まで送った時にメガネをかけた少年がいた、ということになれば「渡辺」がその時に穴を掘ったうちのメガネだったやつだ、と思ったのかもしれません。

最後に、何も落とし穴には関係の無さそうなカメラマンの内海に関しては、これは完全に写真だと思います。つまり「撮ってはいけないものをたまたま撮ってしまった」、ということだと思います。

まとめ

長くなってしまいましたが、自分なりの考えを綴ってみました。正直犯人はわかりません。(じゃあなんとための推理だよ!とは言わないで…)しかし、未だ登場してきてない人物の可能性が高いと思います。

自分で考えた内容が少しでも当たっていれば嬉しいですし、逆に全然的外れであっても、それはそれで綺麗に騙されたので楽しめたということです。

下巻が楽しみですね!読んだら答え合わせと感想を書かせていただきます!

2018/06/04 追記
下巻も読みました!

あわせて読みたい
時計館の殺人(ネタバレ・感想)なんてこった!なラストシーン今回は館シリーズの第5弾「時計館の殺人」。時計館という館の中で起こる残忍な殺人事件が起こります。なおシリーズ初となる「上下刊」という形に...