Drama

マインドハンター シーズン1(キャスト・評価・感想)Netflixオリジナルドラマ

あらすじ

1970年代後半、殺人犯の心理を研究して犯罪科学の幅を広げようとするFBI捜査官2人。研究を進めるうち、あまりにリアルな怪物に危ういほど近づいてゆく。
出典:Netflix

マインドハンター(Mindhunter)ネットフリックス制作のオリジナルドラマです。製作総指揮・監督は映画ファイトクラブで指揮をとったデヴィッド・フィンチャー。実在するFBI捜査官を基にしたある種の刑事ドラマですが、その内容は非常に特徴的で、いわゆる現在の犯罪心理学などができる前の話となっています。

また非常にシリアスでリアルな面が多く、よくある銃をバンバン撃ちまくるといったようなエンターテイメント性の高い刑事ドラマというより、人間の心の中にある複雑な感情をうまく表現したドラマとなっております。

話の内容を簡単に紹介すると、FBI捜査官のホールデンとビルが、犯罪者はなぜ犯罪を起こすのかということに興味を持ち、それを理解することで次の犯罪を未然に防げるのではないか、と研究を始めます。その研究の主な方法は、実際の殺人者にあって話を聞くというもの。しかし、通常では考えられない犯罪者の思考や言動に、徐々に2人の精神は蝕まれてしまう、というような内容です。

先にこのドラマの評価をさせていただくとしたら、最初は結構きついが後半の加速はやばい、って感じですかね。その理由に関しては後々記述させていただきます。

今回はマインドハンター(Mindhunter)シーズン1のメインの登場人物と感想とを紹介します。

登場人物

マインドハンターのシーズン1ではメインの登場人物となるのは4人です。多くないので覚えやすいのがいいですね。多少のネタバレを含みますので、知りたくない人はご注意を。

ホールデン・フォード(演:ジョナサン・グロフ)

マインドハンターの主役のFBI捜査官です。

元は人質交渉人でしたが、ビルと出会い、FBI行動科学班として活動するようになります。性格はどちらかといえば人間味の薄いタイプです。というかあまり表に出さないタイプですね。しかし自分の中では信念があり、その信念に対して素直に伝えたり行動したりします。しかし素直な故、時に子供っぽさが出るような時もあります。

仕事に対しては頭が良く論理的に物事を考えるタイプです。なので犯人を分析するといった意味では、最適な人材かもしれません。

なおホールデン役のジョナサン・グロフの出演作は今まで見たことなかったため全く知らない俳優さんでしたが、調べてみるとゲイということを公表しているようですね。かつては一番新しいスター・トレックの映画三部作にてスポックを演じた「ザカリー・クイント」と交際していたようです。

ビル・テンチ(演:ホルト・マッキャラニー)

ホールデンの相棒として、共に犯罪者の心理を紐解こうとするFBI捜査官です。

性格はホールデンとは対照的に、人間味の濃いタイプですね。奥さんとの間に養子の息子がいますが、なかなか打ち解けることができず悩んだりもしています。いわゆる一般的な捜査官といいますか、犯人に対しては相当な嫌悪感を持っています。

仕事ではベテランというところもあり、あまり細かいことは考えないタイプですが、締めるところは締めることができる頼れる存在です。ホールデンとは対照的に感情で犯人を考えるので、2人がタッグを組むのは非常にバランスがいいといえます。

なおビル役のホルト・マッキャラニーはこのドラマの製作総指揮を担当したデヴィッド・フィンチャー監督の映画ファイトクラブにも出演していたことを知りました。全くわかりませんでしたが、まあ18年ぐらい前の映画なんで、わかるはずもないですかね。

あわせて読みたい
ファイト・クラブ(ネタバレ・感想)ブラピに惚れた私エドワード・ノートンとブラッド・ピット共演のサスペンス映画、ファイト・クラブ(Fight Club)です。高校生の頃に一度観ましたが、正...

ウェンディ・カー(演:アナ・トーブ)

ホールデンとビルと共にアドバイザーとして犯罪者の行動心理を紐解こうとする博士、ウェンディです。

性格はまさに博士といったところ。非常に論理的で、この研究を1つの成果として熱心に取り組みます。質問の方法を統一することで、犯罪者の種類を分類し、それによって判断するというまさにFBI行動科学班の裏方の頭脳といったところですね。性格はまさにクールで、氷の女という感じです。ホールデンとビルにはないタイプの考え方で、女性ということもあり、欠かせない存在となります。

なお話の中で彼女はレズビアンという設定で、同性のパートナーがいましたが、そのパートナーとも離れ、FBIのアドバイザーとして働きます。それほどまでにこの研究が犯罪の予防に有益だと思っているのです。

なお海外ドラマ好きの人ならすぐにわかったかもしれませんが、ウェンディ役のアナ・トーブはSFサイエンスドラマ「フリンジ」のオリビア役の女優さんですね。

フリンジの時は美しい金髪ロングヘアーでしたが、今回はバッサリショートです。相変わらずお美しい。(私はこのドラマを観ようと思ったのはアナ・トーブが出ていると知ったから、というのもあります…)

デビー(演:ハナー・グロス)

ホールデンの彼女で、大学生。

彼女もホールデンとは基本対照的です。よってホールデンは彼女のそんなところに惚れます。彼女はホールデンよりも年下ですが、行動やふるまいはまるで年上のようにホールデンをリードすることが多いです。しかしきっとそんな彼女の中にも幼い部分はあります。そんな大人びてるんだけど本当は…みたいな女性です。

ドラマの内容として、主題に2人の関係はそこまで影響しませんが、ホールデンの心の変わり方や、気持ちを2人の関係性で表現するのが非常に上手いと思いましたね。2人の今後の関係も気になります。

SPONSORED LINK



レビュー

これ以降は結構ネタバレを含みます。ご注意ください。

まず率直な意見は先にお伝えさせていただきましたが、まさに最初は結構きついが後半の加速はやばい。つまり追い上げ型です。個人的には最初の数話はかなり退屈でしたね。

理由としてまず、ドラマ自体の表現が暗く遅い、という点です。もちろん好みはありますが、私は見ていてハラハラしたり爽快感があるドラマが好きなので、このドラマの最初は「やばい、退屈だわ」と思ってしまいましたね。また舞台が1970年代ということもあり、派手さがないのも退屈に思えた点かもしれません。

そしてストーリーの内容が複雑、というのもあります。先にもあげた通り、研究として犯罪者をインタビューするために色々な地に行きことがメインとなっていますが、場所がいろいろ変わることと、その場所に行った時に別の事件が発生するなど、少々複雑です。

しっかり腰を据えてみないとついていけなくなることがあります。実際に私は何度か置いていかれました。

しかし、それが払拭されるとまるでジェットコースターのように進んでいきます。最終話なんかはハラハラしてみることができましたね。ここまでを長い!と感じるかどうかでも、このドラマに向いているかどうかがわかります。

もちろん良い点もあります。(良い点といっていいかちょっと分かりかねますが…)

このドラマにはかなり衝撃的な内容が詰まっているということです。内容に関しては、文字に起こすと私も気分よくない内容なので是非観ていただきたいのですが、いわゆる猟奇的な感じなんですよね。

ホールデンたちが相手にする犯罪者は全てサイコパス。通常では考えられない考え方の持ち主たちです。よって殺害方法や内容が常軌を逸しています

しかもこれはすべて実在した犯罪者を基にしています。正直シーズン1を見ている間は知りませんでしたが、見終わった後に調べたら、実際にいた人物たちだったと知り、驚愕しました。

そのようなきわどい内容をしっかりとしたドラマで再現していることはいろいろな意味ですごいことだなと思います。凄惨な事件をメインとし、その犯人の心理を理解しようとする内容が斬新でかなり興味深かったですね。

なおシリアル・キラーという言葉が出てきたのもこの頃だったようです。彼らも学んでいる段階がストーリーとなっているので、見ているこっちにもいろいろ考えさせてくれます。

まとめると、シリアスでダークな話にも興味があり、腰を据えてじっくり見れる方にはオススメできるドラマです。逆にじっくりした展開や複雑さを退屈だと感じてしまう方には少々厳しいかもしれませんね。

私は最初の数話を見た時に、『セカンドシーズンあっても絶対観ないな』と思っていましたが、最終話を見た時には『セカンドシーズン観てぇ〜』になってました。なお、謎な男が毎回少しだけ出てきます。これも伏線でしょうね。また、個人的にはホールデンが結果として犯罪者になっちゃうような気もするんですが…なんにしても待ちきれません。

Netflixに入会していないと観れないドラマですが、興味のある方は是非ご覧になってください。

http://721st.com/netflix/

ドラマに出てくる犯罪者のこと調べたら非常に胸糞悪くなったから、調べないことをオススメする

キャスト ネットフリックス 海外ドラマ
RECOMMEND