Movie

映画『グリーンブック』ネタバレ感想。白人の救世主ってご存知?

人種差別が色濃く残る1960年代のアメリカを舞台に、黒人ジャズピアニストとイタリア系白人運転手の2人が旅を続けるなかで友情を深めていく、実話をもとに描かれた映画、グリーンブック(原題: Green Book)。

こちら2人の友情を描いた感動作という風になっていますが、ジャンル的にはコメディーも入るようです。

なお、ご存知の方も多いと思いますが、この映画は2018年のアカデミー賞で3部門を受賞しました。

こちらが予告編です。

非常に評価の高い作品で、たくさんのレビューや口コミを見ると高い評価なのがわかります。

私の鑑賞後の感想としましては、正直そこまで高い評価の理由がわかりませんでした。

良い作品ということに間違いはないのですが、しっくりこないところもあったからです。

あらすじ

1962年、ニューヨークの高級クラブで用心棒を務めるトニー・リップ(ヴィゴ・モーテンセン)は、クラブの改装が終わるまでの間、黒人ピアニストのドクター・シャーリー(マハーシャラ・アリ)の運転手として働くことになる。シャーリーは人種差別が根強く残る南部への演奏ツアーを計画していて、二人は黒人用旅行ガイド「グリーンブック」を頼りに旅立つ。出自も性格も違う彼らは衝突を繰り返すが、少しずつ打ち解けていく。
出典:シネマトゥデイより

ざっと内容紹介

これ以降はネタバレを含みます。ご注意ください。

ナイトクラブで用心棒をしているイタリア系白人のトニー。

ある日、彼が働いているナイトクラブは改装工事のため閉鎖されてしまい、新しい仕事を探すことになる。

そこで8週間のコンサートツアーの運転手を探しているアフリカ系アメリカ人ピアニスト”ドン・シャーリー”の仕事を紹介される。

仕事の内容から一度は断るトニーだったが、給与面や仕事内容、そしてクリスマス・イブまでに自宅に帰る、という条件を出し、それをドンが承諾し共にツアーに出ることになる。

ドンのレコードレーベルはトニーに、アフリカ系アメリカ人の旅行者がモーテル、レストラン、給油所を見つけるためのガイドである「グリーンブック」のコピーを提供する。

最初は互いにぶつかり合っていたが、いろいろな出来事を経て2人は友情が芽生えていく。

ツアーの最中、トニーは妻に手紙を書いていたが、あまりにも幼稚な内容だったためドンが手紙を書く手助けをする。

その内容にトニーの妻は喜び、トニー自身もドンに感謝する。

ツアーの最終日、白人専用のレストランに入室できないことに納得できないドンはドタキャンする。

その後2人はクリスマスまでに帰るという約束を果たして、最後はトニーの家族とドンと共に幸せなクリスマスを送る。

レビュー・感想

ざっと紹介では、本当にざっとしか紹介できませんでしたが、実際は様々なことがありましたね。

特に多かったのが、黒人差別のシーンですね。

ただ事実はどうあれ、目を覆いたくなるほどの描写はありませんでしたので、そこは見ていて安心しました。

しかし警察官に止められて車の外に出されるシーンは本当意味わかんなかったですね。もちろんあの警察官に対して、という意味です。

近年でも未だに警察官による差別が時々報道されたりしますが、たとえ映画でもそれのは非常に胸くそ悪くなります。

納得できない仕打ちにトニーは手を出しました。そのことに対して、ドンは「暴力では何も解決しない」と言います。

しかし、あの警察官がやったことも私からしたら立派な暴力です。

もちろん警察官が全てああだったとは全く思っていませんし、そうしないといけない事象があったのかもしれませんが…とにかくあのシーンは嫌な気持ちになりますね。

また、ツアー最後のレストランで「白人専用」ということで入店させてもらえなかったシーン。

もちろんあそこも見ていてイライラしますが、あの支配人っぽい人の『ルールだから仕方ない』っていうのはちょっとしょうがない気もします。そうゆうルールの店ならそれがルールなんで。

それよりも気になったのは働いているウェイターが皆黒人だったことです。

店のルールももちろん腹立たしいですが、そうやって雇用を決めている感じもより腹立たしい。

うちのネコ
うちのネコ
で、お客さんは白人以外ダメっていうね

その反対にその後トニーとドンが行った町の酒場のようなお店。あそこは良かったですね!

突然のセッション。お店の客が全員で盛り上がるあのシーンは見ていて非常に良かったですし、『あ、自分の好きな音楽ってこっちだな』ってわかりましたね。音楽の力を知ることもできます。

うちのネコ
うちのネコ
個人的にこの映画のベストシーンですな

この”グリーンブック”という映画。確かに友情の物語としていい映画でもありました。

ただやはり、その背景にあった当時の「黒人差別」が大きく影響している映画でした。

海外の評価では、この映画は良い評価も多いながら、疑問に感じる人もいたということです。

その理由は「結局白人が黒人を助けてヒーローとなる」ということです。

これは「白人の救世主」と言い、英語では”white savior”と表記します。

白人の救世主って何?

確かにこの手の映画は多いですね。自分はその意見を発見するまでは考えたこともありませんでした。ただ言われてみればそうだな、という感じです。

これを考えると、今後映画を見る時に、作品によっては少し印象が変わりそうな気もしちゃいますね。

そんなこんなもあって、なんだか素直に『良い映画だった』と言えなかったですね。

あわせて読みたい
映画『イエスマン“YES”は人生のパスワード』あらすじ感想。名作コメディー俳優で私が一番好きなジム・キャリー主演のコメディ映画、イエスマン “YES”は人生のパスワード(Yes man)。 1つ...