Drama

ドラマ『ナルコス』シーズン1のネタバレ感想。オススメ部分を紹介

コロンビアで実在した麻薬王パブロ・エスコバルを中心とした麻薬密売組織と、アメリカから派遣された麻薬取締捜査官とコロンビア政府の戦いを描た海外ドラマ、ナルコス(原題:NARCOS)

ネットフリックス制作のオリジナルドラマです。

シーズン1の10話を全て視聴しました。私にとってとてもオススメのドラマです。

その理由として、私が良かったと思うシーズン1の部分をまとめました。くだらないものもありますが、一個人の感想として、優しい目でご覧下さい。

今回はナルコス(NARCOS)シーズン1の私のオススメ部分を紹介します。

オススメポイントはこちら

これ以降は若干のネタバレを含みます。ご注意下さい。

実際の映像

このナルコスは、実話を元に作成されたドラマです。

登場人物も実際にいた人物。しかもそれは1970年代後半から1990年代という、そこまで昔ではない話です。

一部脚色はあるものの、ストーリーは時系列で進んでいき、実際にあった様々な事件や出来事がドラマとして描かれています。

その中で、やはり目を引くのは当時放送・撮影されていた「実際の映像」です。実際の人物の顔や写真が多く使われており、物語のリアリティーをものすごく高めています。

また目を覆いたくなるような凄惨なシーンもあり、まるで本物と思えないような遺体などを写した映像が多く使われています。

当時のコロンビアの状況が見ることができ、それと同時に、まるで信じられない出来事が本当にあった出来事なのかと驚愕します。

決して日本の地上波では見ることのない衝撃の映像がてんこ盛りです。まさに海外ドラマという感じであり、Netflixの本気度が伝わってきます。

ドラマの色を表現したオープニング

ドラマを見る際に、ほとんどの作品にオープニングがあります。

そのドラマの内容や雰囲気をぎゅっと詰め込んだものが多く、オープニングが自分の好きか嫌いかで、そのドラマを楽しめるかどうかも大体決定します。(もちろん例外もありますが)

このナルコスでは先ほどもお伝えした通り、実際の人物たちを基にしているので、オープニングにもその映像や写真が登場します。いきなり本人登場なので目を引くことは間違いないでしょう。

さらに音楽はRodrigo Amarante(ホドリゴ・アマランチ)という人の「Tuyo」というスペイン語の曲です。

歌詞の意味はもちろんわかりませんが、この曲に「哀愁感じる悲しさの裏に燃える炎」をイメージしましたね。

うちのネコ
うちのネコ
どうしよ、もしこれで実際は「おどるポンポコリン」みたいな歌詞だったら…

しかし映像と曲はドラマにマッチしたアブナイ感じに仕上がっていて非常に良いです。

ヴァグネル・モウラの怪演

怪演と言ってしまうと、ちょっと意味が違うかもしれませんが、あの悪魔のような演技にはまさに怪物という単語が似合うと思います。よって怪演です。

このドラマのオススメできる理由として、悪役となるパブロ・エスコバルが非常に恐ろしい、という点です。もう本当に恐ろしいのです。それがドラマを最高に面白くしてくれます。

たまに見かけるのですが、映画やドラマで悪役でも悪役っぽくない人っていませんか?例えばやってることは恐ろしいけど、目がすごーく優しい、的な。

それはそれで逆の怖さはありますが、パブロ役を演じるヴァグネル・モウラの演技はまさに悪人の塊といったところでしょうか。

目や話し方、立ち方など悪人にしか見えない。特に目です。あんな目で睨まれたら、「膝にバイブ機能ついてる?」ってぐらい震えると思います

パブロより悪人っぽいな、と思うキャラクターが全くいませんでした。(悪人っぽい人第2位は部下の殺し屋ポイズンさんでした)

パブロは家族思いで、ドラマの中でもなんども家族と触れ合うシーンが出てきますが、ただ怖い。

あんなお父さんだったら絶対反抗期は迎えなそうです。その代わり犯罪者になる可能性はありますがね。

マーフィーのナレーション

すごく細かいことではありますが、個人的に好きな部分だったので紹介させていただきます。

このドラマは主役は2人います。

1人はパブロ・エスコバル。もう1人はDEAのスティーブ・マーフィーです。そして話の視点としてはマーフィーを中心としています。そして物語のナレーションはマーフィーの声で行われています。

マーフィー役の”ボイド・ホルブルック“は俳優兼モデルだそうで、非常にカッコいいのですが、彼の声が非常にマッチしていて、話の中の緊張感や複雑な心、無念な気持ちをリアルに表しています。

個人的にはこのドラマでぜひ注目していただきたい一部分です。

ムフフなおっぱい

ナレーションに続き、さらに細かいことではありますが、ぜひ言わせてください

ぱっと見ると訳のわからないオススメポイントとなってしまいましたが…決してタイトルにあるような卑しい意味ではありませんので…

完全に個人的な意見ですが、作中で女性のおっぱいがガッツリ出てくる作品は、私にとって本気度が高いなと思わせてくれる作品です。

私の感覚的なことなのでよくはわかりませんが、おっぱいが見えないようになっている作品や、絶妙に隠している作品など見ると不自然さが目立つんですよね。

いや、だって絶対に見えるだろうと。

なんか本気のラブシーンみたいな感じで演技していても、そこだけ映さないとなると中途半端に感じてしまうというか。

もちろん女優さんの契約とか事情とかあるとは思っていますし、見えないからショックだ!ってわけでは全くないのです。

うちのネコ
うちのネコ
見えた時は『ほう、本気ですな…』となるよね

刺激あるドラマを求めている人にはオススメ

結果4つのオススメポイントを紹介しました。ちゃんとした内容は2つあるかないかですが…オススメできることは本当です。

バイオレンスシーンや、実際の衝撃的なシーンも多いので、苦手な方にはオススメできません。しかし、ギャング系の作品や実話を基にした作品が好きな方、何より刺激を求めている方には最高にオススメします。

また実際の話ということもあり、見ることで近代史としての勉強にもなると思います。しかも2018年のサッカーW杯では日本は予選でコロンビアと戦います。このドラマを見た後は、きっとコロンビア戦の時違った気持ちで観れるかもしれません。

というわけで、私はナルコス(NARCOS)シーズン1をオススメします!

あわせて読みたい
ドラマ『ナルコス』シーズン1のキャスト紹介。実話を元にした衝撃暴力的で知られるコロンビアの悪名高きドラッグ・カルテル。 その中でも代表的で有名な自分といえばパブロ・エスコバルです。 この...