Movie

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(ネタバレ)期待しすぎた!?グルートは最高

ものすごい人気で2014年の話題をかっさらったヒーロー映画、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(Guardians of the Galaxy)。

こちらはマーベルのヒーローの中では意外と最近の登場で、初めてコミックに登場したのが2008年となっています。メンバーは人間、緑色の女性、アライグマなど…まあ一目見ただけではよく分からないメンバーです。

※なおガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの元となる最初のチームは1969年に登場したようです。しかし今回の映画でのチームが登場したのは2008年。

こちらもアベンジャーズに登場するアイアンマンやキャプテン・アメリカといった様々なヒーローが1つの世界で戦いあうマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の1つであり、作品の順番で言うと10作品目となります。

映画の予告編

この映画を見る前から、色々な種族の連合チームといったこのガーディアンズに期待していました。個人的にはかなりアツイ展開を想像し、各キャラクターがどのような能力を持っているか、などワクワクしながら見させて頂きました。

が!何でしょうかね…多分期待しすぎたのかもしれませんが、正直そーでもないなーと思ってしまいましたね

別につまらないとかそうゆうことではなく、単純に想像と違った!という感じです。かなり自分の中でハードルをあげすぎていた、というのもありますし、人数の都合上仕方のないことでもあるかな、とも思います。

今回は、映画【ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー】のネタバレを含むレビューを紹介します。

レビュー

これ以降はネタバレを含みます。ご注意ください。

あらすじ

自らスター・ロードと名乗るトレジャーハンターのピーター・クイル(クリス・プラット)。ピーターは無限の力を持つパワーストーンのオーブを入手するものの、その後逮捕され刑務所にぶち込まれてしまう。

ピーターは天才メカニックのロケットら刑務所で出会った仲間と脱獄するも、オーブの力で宇宙を滅亡させようとする強大な悪と戦うこととなり……。
シネマトゥデイより引用

まずは映画を見る前の私の感想を。

この映画のコンセプトはすごくいいな。正直大好物なコンセプトだ。色々な種族が集いチームを結成して戦う、なんて簡易版のアベンジャーズじゃないか、ワクワクするなー。

今回は宇宙人も混ざっているのがいいね。しかもそのそのメンバーは刑務所で会うと…みんな凄い経歴のある最強なやつらなんだろうな~。

なんと言っても見た目がいいよね!緑色の肌の女性宇宙人とか、よくしゃべるアライグマとか!でかい木とかね!どんな能力があるのかな?とか考えながらみるのは本当に楽しみだわー!

そして映画を見た後の感想がこちら。

デストロイヤー…完璧に名前に負けすぎィ!(終)

まあ見る前の感想を見ていただいたらわかるように、私はハードルをガッツリあげすぎてしまいました。ふたを開けてみたら、そのハードルを越えられていなくて残念でした。

しかしもちろん良かった点もあります。

それはやはりロケットとグルートのコンビですね。ロケットがいいキャラしてるって言うのは何となく予告でもわかりましたが、グルートのキャラがかなり良かったです。にっこりしたときがカワイイ。

そしてあのビジュアルが最高ですね。久しぶりにカッコいいキャラクターに出会いました。是非スピンオフの映画を作ってほしいと思いました。

さて、残念なことに関して言えば、個人的に言いたいことは大きく分けて3つです。

ガモーラの実力

まず最強の暗殺者としてガモーラが派遣されたとありますが、彼女のどの辺が最強の暗殺者なのか、全くその描写がありませんでした。戦闘シーンは何回か出てきますが、武器を使いながらの格闘術が主で、特に暗殺者らしいクールな戦い方は無く。単純に戦闘に秀でた宇宙人女性にしか見ることができませんでした。

なので最強の暗殺者といわれても「うーん」って感じです。だとしたら、宇宙海賊ラヴェジャーズのトップである青い皮膚の男「ヨンドゥ」のほうがよっぽどふさわしいと思いますね。変な飛ぶ万年筆のようなもので敵を一瞬に殲滅していましたし。(あの武器は何なのか。それは今後にわかるのかな…)

ロナンを倒すシーン

あの倒し方に、すごく無理やり感を感じました。あ、そんな感じで倒しちゃうんだ!っていうのが素直な感想です。彼らもきっとアレで倒せるとは思っていなかったはず。正直かなりガッカリな終わり方でしたね。

そもそも色々不思議だったのですが、まずあのインフィニティ・ストーンに触れるとどうなるのか。触ったらだめというのはわかります。しかしそれをつけた武器を持っている人は大丈夫と。

もう少し言えば、ロナンって何者なんです?ストーンを持っていてもしばらくは大丈夫でしたし、ドラックスを簡単にボコボコにするほど強い。ロケットの作った強力な銃で撃たれても平気でしたしね。

あのストーンを持っているから強くなった、とかならわかるんですが。その前から強いようですし…きっと納得できる答えがどこかにあると思いますが、私は発見できずモヤモヤがつのりました

スター・ロードの存在

まあこれに関しては今後の映画で明らかになっていくと思いますが、正直謎が多すぎます。そして何より全く魅力が無かったことがあげられます。

様々な武器や道具を使い戦うスタイルはいいのですが、これはマーベル作品ですよね?他のキャラクターに比べると全く特徴が無いというか、ピンでいたら正直かなり浮くと思います

まあメンバーが個性派ぞろいなので普通の人がいないとバランス的に崩れるっていうのもわかりますが。

ただしこれは今後大きく変わると思います。父親が宇宙人でしかも古代の人って…まさかサノス?そりゃないですよね。

以上が気になってしまった点です。しかしこれはきっと今後色々わかってから徐々に面白くなっていくパターンだと思います。なので今後に期待です。まだ見てないですが、リミックスのほうもありますしね。

ドラックス・ザ・デストロイヤーに関しては、あえて何も言わない。

Marvel アクション ヒーロー 洋画
RECOMMEND