Drama

ドラマ『プリーチャー』シーズン1のレビュー感想

アメリカのテレビ局AMCにて放送されているドラマ、プリーチャー(PREACHER)。原作はアメリカのDCコミックスという、いわゆるマンガからきています。

なお2018年現在、日本ではアマゾンプライムにて視聴可能な海外ドラマです。

簡単なあらすじとしては、小さな教会の牧師(プリーチャー)を務めるジェシー・カスターは、ある日得体の知れない謎の力を手に入れます。

その力はなんなのか。またなぜジェシーはその力を得たのか。その謎を個性豊かな登場人物と追っていく、というようなストーリーです。

前回の記事にてシーズン1の主要な登場人物とネタバレをざっと紹介させていただきました。

あわせて読みたい
ドラマ『プリーチャー』シーズン1のキャストとネタバレアマゾンプライムにて視聴可能な海外ドラマ、プリーチャー(PREACHER)。プリーチャーとは日本語に約すと「説教師」、つまり神の教えを人...

前回の記事でもお伝えさせていただきましたが、この作品結構ブラックな感じで、人が死ぬシーンも多いですし、登場人物も危ないやつが多いです。

原作はコミックからということですが、内容は明らかに子供向けではないです。

ただし、表現方法やBGMなど、私から言わせていただくとまさに「センスの塊」という感じで、非常におもしろい作品です。

ということで今回はドラマ【プリーチャー】シーズン1に対するレビュー・感想をお伝えします。

レビュー・感想

これ以降はシーズン1のネタバレを含みます。ご注意ください。

このドラマの魅力はたくさんありますが、個人的には登場人物が最大の魅力かな、と思います。

その中でも特に魅力的なのは、やはりメインの3人ですね。そしてさらに言うなれば、特に好きなのがジェシーの元カノ”チューリップ”と、吸血鬼の”キャシディ”でしょう。

チューリップ役のルース・ネッガはマーベルのスピンオフドラマである『エージェント・オブ・シールド』にて出演していましたね。

目力といい、セクシーな話し方といい、雰囲気をガンガンに感じさせてくれる女優さんですが、このドラマでもその魅力は爆発していますね。

そして、なんとこのドラマの主人公ジェシー役のドミニク・クーパーと交際していたということ。(2018年8月現在では破局か?)その事実もあると、なんだか2人の掛け合いもよりおもしろく感じられます。

そしてキャラクターとしてのチューリップはすごく良かったです。なにより体も大きくないのにやたら凶暴という、その辺のギャップも良かった。

女性ですが男性よりもバリバリ強いですからね。そして時折見せる女性らしいところがより際立たせるといいますか。

そして私個人的に一番のキャラクターが吸血鬼役のキャシディですね!

彼を初めてみた作品は【Misfits/ミスフィッツ-俺たちエスパー!】という海外ドラマでした。そのときから『この俳優さんは味があっていいな~』と感じていました。

インターネット・ムービー・データベース(通称IMDb)情報によるとイングランドの俳優さんだそうです。また作中に出てくるあの両腕のタトゥーは自前なんだとか。

ドラマの中での彼の英語はすごく特徴的なイントネーションです。キャシディはアイルランド系ってことなので、アイルランド人が英語を話すときはあんな感じなのでしょうか。

なんにせよあの話し方とキャラがあっていて見ててすごく心地よい。それでいて不死身のヴァンパイアですからね。こちらもギャップがいいです。

そして彼はすでに119歳ということで、色々なものを経験したせいか、全てに対して余裕ある振る舞いが、同じ男性として憧れます。

ユージーンが地獄に落とされてしまったとき、それを黙ってみていたキャシディのところは個人的にはシーズン1のベストシーンでしたね。

ストーリーに関していえば、シーズン1はまだまだ序章ですね。謎な部分も多いですし、神がいなくなってしまった、ということでこれからもどんどんおもしろいことがおきそうです。

それとは別にあの架空の街である「アンヴィル」に関して思うところがありました。

シーズン1の最後で、町全体が地下に貯蓄された牛たちの排泄物のガスにより吹き飛ばされてしまいました。あの理由に関して。

結果的にあの街にいなかったジェシー・チューリップ・キャシディ、そして地獄にいたユージーンは助かりました。そして街にいたエミリーやクインキャノンは亡くなってしまいました。

この事実に対して偶然といえば偶然だと思います。しかし、残ったメンバーから「これは明らかに誰かの意思であるのでは?」と思いました。誰かとはもちろん「神」です。

これには何か理由がある、と思わせる終わり方でしたね。

またこの作品でもう1つ思ったことは「人間の罪」に関して、ということです。

私はクリスチャンではないので、詳しいことはわかりませんが、色々人間の罪が強調されていました。特に最後の「神がいない」という事実を知った後です。

子どもたちはセクハラした(しようとしていた)バスの運転手を暴行していましたし(殺した?)、ガスを管理していたおじさんは妻を裏切っていました。さらにクインキャノン率いる会社の連中は教会を壊していましたし。

またその前ではありますが、善人と思われていたシングルマザーのエミリーも、市長をキャシディの餌にするなど、立派な罪を犯していました。

これは「人間は皆罪深き者なのだ」というメッセージか。「罪を犯したものは罰せられますよ」というメッセージなのか。

シーズン2では神様を探す旅が始まり、ジェシーを殺すために地獄からの使者もきます。また過去のことに関しても少し触れられていましたが、今後徐々に明らかになってきそうです。

うちのネコ
うちのネコ
シーズン2も楽しみです