Movie

映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』ネタバレ感想!

アベンジャーズの壮絶な戦い”エンドゲーム”後の世界で、『スパイダーマン:ホームカミング』に続く第2作目、スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム(原題:Spider-Man: Far From Home)。

「マーベル・コミック」の実写映画を1つの世界観として描く人気シリーズ『マーベル・シネマティック・ユニバース』の1つであり、順番は23番目。

また「フェイズ3(第3シーズン)」の最後を飾る作品です。

感想として、一作目のホームカミングより断然良かったです!ただミステリオが…ミステリオが!

今回は、映画【スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム】のあらすじとざっとネタバレ、そしてレビュー感想を紹介します!

あらすじ

高校生のピーター・パーカー(トム・ホランド)は夏休みを迎え、親友のネッド(ジェイコブ・バタロン)やMJ(ゼンデイヤ)たちとヨーロッパへ旅行に行く。ところが、ピーターの前にS.H.I.E.L.D.の長官ニック・フューリー(サミュエル・L・ジャクソン)が現れ、彼にある任務を与える。
出典:シネマトゥデイより

ざっと内容紹介

これ以降はネタバレを含みます。ご注意ください。

メキシコで台風の化け物のようなものに遭遇したニック・フューリーとマリア・ヒル。それをある男が緑色の光線を放ち助ける。

その頃スパイダーマンであるピーターは学校の夏休みでヨーロッパへ2週間の研修旅行に行くことになる。

ニック・フューリーはピーターにコンタクトを試みるが、旅行を優先したいピーターはそれを無視。

そしてその旅行中、意思を持った水の化け物がベネチアの街を襲う。それをメキシコで戦った男が戦い、ピーターはサポートにまわって撃破。

その後ニック・フューリーはピーターに任務を与える。

それは異世界の地球を滅ぼした「エレメンタル」という原子が意思を持った化け物で、それをクエンティン・ベック(ミステリオ)とともに倒してほしい、というものだった。

しかしピーターは責任の重さにそれを拒否。しかし研修旅行を妨害し、トニー・スタークから託されたサングラスをピーターに渡す。

そのサングラスにはスターク・インダストリーのすべてのデータにアクセスできる人工知能”イーディス”が搭載されていた。

その後プラハで最後の「エレメンタル」が登場。ピーターは友人たちを守るため戦いに参加し、ミステリオと共に撃破。

その活躍と人がらから、ピーターはミステリオを信頼し、サングラスを渡してしまう。

その後MJがピーターが”スパイダーマン”とバレてしまい、しかも2人は「ミステリオとエレメンタルの一連の出来事は嘘だった」と気づいてしまう。

ピーターはミステリオと対峙するが、ハイテクなプロジェクション技術で重症を負ってしまう。

ピーターはハッピーに助けを求め、改良スーツを着てベルリンでミステリオと再度対峙する。

”ピーター・ティングル”を使い見事ミステリオを撃破!そしてピーターはMJとキスをし、ニューヨークに帰ってから付き合うことになる。

しかしエンドクレジット後、ミステリオの動画により全世界に”ピーター・パーカー=スパイダーマン”とバラされてしまった…

レビュー・感想

前回の一作目のホームカミングは、個人的にあまり楽しめなかった。

スパイダーマンの実写化映画はいくつかあるので、どうしても比べてしまい、その結果”トビー・マグワイア”が演じたスパイダーマンには勝てなかった…

うちのネコ
うちのネコ
私の中でね

しかーし、今回のスパイダーマンはすごく楽しめました!というより”トム・ホランド”くんがピーター・パーカーになった!という感じでしょうか。

これは前回のレビュー記事でも書いてしまいましたが、やっぱり「スパイダーマン」はヒーローなんですが庶民派でないと嫌なんです。

あわせて読みたい
映画『スパイダーマン:ホームカミング』ネタバレ感想。こいつぁ…アメコミヒーローでも1位か2位を争うほど有名なヒーローといえば、スパイダーマン。 そのスパイダーマンの新シリーズとして登場したのが...

いつまでも「親愛なる隣人」でいてほしい。私と同じく、普通の悩みに悩まされる人であってほしい。

そんな青年を”トム・ホランド”くんが完璧に演じてくれたと思います。

そして今回の映画で欠かせないのは、ジェイク・ジレンホールが演じた”ミステリオ”。

まずジェイク・ジレンホールですが、この人のかっこよさは言わずもがなだと思います。

渋い。そして優しげな瞳。そして声もいいです。

そして味方と見せかけ実はヴィランだった、ミステリオ。

いやーこれは本当望まない結末になってしまいました…

なぜ彼が敵なのか?あの秀逸なキャラデザインはもう見れないのか?

ジェイク・ジレンホールのかっこよさと、ミステリオのキャラデザイン。さらには「別の地球から来た」という話の広がりそうな展開。

『うわー今後ミステリオがアベンジャーズとか入って別の世界の敵と戦うなんてサイコーじゃないか!』と本気で思っていましたよ。

だからこそ「結果全て嘘です」って展開にただただ残念無念です。

しかしスパイダーマンの映画としては一作目と二作目、いい流れでした!今後MCUがどんな風につながっていくか…楽しみ!

では最後に原作版のミステリオを紹介します。卵みたいでちょっと可愛いです。

スパイダーマン:12人のミステリオが一度に襲ってくる!
ミステリオ:本物は1人だけ!1人だけがお前を殺す武器を持ってるぞー!

あわせて読みたい
映画『キャプテンマーベル』進化?過去のコミックの服装と比較!アベンジャーズが誕生する前の物語。 1990年代の地球を舞台に驚異的なパワーを持つ女性が、失った記憶をめぐり戦うアクション映画、キ...