Movie

映画『キャプテンマーベル』進化?過去のコミックの服装と比較!

アベンジャーズが誕生する前の物語。

1990年代の地球を舞台に驚異的なパワーを持つ女性が、失った記憶をめぐり戦うアクション映画、キャプテン・マーベル(原題:Captain Marvel)

キャプテン・マーベルを演じるのは、ブリー・ラーソン。笑顔の似合う綺麗な女優さんです。

なおマーベル・コミックの同一の世界観のクロスオーバー作品として扱う『マーベル・シネマティック・ユニバース』(MCU)の21作品目の作品です。

キャプテン・マーベルの名にふさわしい驚異的なパワー。そして注目すべきはあのクールなコスチュームです。

しかし原作ではあのコスチュームになるまでには別のコスチュームもありました。

今回は原作の過去のキャプテン・マーベルのコスチュームが今回の映画のものと大きく異なるため、その比較をしてみました。

映画のコスチュームより魅力的なものはあるのでしょうか?

今回は過去のキャプテン・マーベルの衣装比較と、映画を見たレビュー・感想をお伝えします!

あらすじ

1995年、ロサンゼルスのビデオショップに、突然正体不明の女性(ブリー・ラーソン)が空から降ってくる。彼女には驚くべきパワーが備わっていたが、全く覚えていない“記憶”がフラッシュバックすることが悩みだった。その記憶にはある秘密が隠されており、それを狙う敵がいた。彼女は、後にアベンジャーズを結成するニック・フューリーと共に戦いに身を投じることになる。
出典:シネマトゥデイより

昔の衣装と徹底比較!

これ以降は映画のネタバレになる可能性もあります。ご注意ください。

キャプテンマーベルとなるキャロル・ダンバースが世の中に登場したのは1968年です。

しかし最初はヒーローではなく、1976年にヒーローとして正式に”ミズ・マーベル”となりました。

うちのネコ
うちのネコ
最初はミズ・マーベルって名前だったのね

日本では最近の映画の実写化で知った人も多いと思いますが、実はかなり古いヒーロです。

よってその中で、公開された映画のコスチュームになるまでにいろいろな過程が存在します。

順に見てみましょう。

オリジナル

これはミズ・マーベルとして登場した時で、最初の衣装となります。

どうでしょうか?想像通りなかなかのダサさですね。

この衣装が実際に採用とかされていたら…人気は出なかったかもしれません。

しかし逆に露出度が高いので、ブリー・ラーソンがこの衣装を着て激しいアクションをしていた、と考えると…

うちのネコ
うちのネコ
さらにヒットしていた可能性も…

1978年版

高いヒールとなり、黒がベースになったミズ・マーベルのコスチュームです。

どうでしょう。髪も伸びて一気にSMの嬢王様感が漂ってきましたね。

しかも腰に巻いた赤いものは、オリジナルの時のミズ・マーベルのスカーフとのこと。

あってもなくてもいいような布ですが、これがないと思ったら、ただのヴィラン(敵)ですからね。

うちのネコ
うちのネコ
これもこれで一定層には人気が出たかもしれない

1982年版

宇宙の力を得て変化した、ミズ・マーベル。

聞いた女性が『キャロル、本当にあなたなの?!』と聞いてしまうほどの変化ぶりです。

確かに誰が見ても原型をとどめてませんが、ミズ・マーベルのようです。なお、バイナリーと呼ぶそうです。

うちのネコ
うちのネコ
もう人間じゃなくなってる

2004年版

その後宇宙から戻ったミズ・マーベルの姿です。

一気に特徴がなくなり、違う意味で「誰だかわからない」キャラになりましたね。

いや、なり下がったという方が正しいかもしれません。明らかに個性をなくし、魅力もなくなってしまいました。

ある意味、戦いに適した格好だと言えますが、それにしても「マーベル」感がないので、やはり微妙です。

2012年版

やっと見覚えのあるミズ・マーベルことキャプテンマーベルの姿ですね。

腰についたスカーフは映画バージョンにはありませんが、ほぼこのデザインが実写化映画のコスチュームとなったようです。

なお正式にミズ・マーベルからキャプテンマーベルと呼ばれるようになったのもこの時から。

うちのネコ
うちのネコ
かっこいいデザインでよかった

映画のレビュー・感想

非常に私事で映画とは関係ありませんが、この映画は海外で見させていただきました。

そのため理解が追いつかなかった箇所があり、若干キョトンとしながら見ていた記憶があります。

しかしそれを踏まえた上でも、正直少しわかりずらかったストーリーだと思いました。

特にウェンディ・ローソン博士に関することや、キャロルが会話していた超高性能AIがローソン博士だったこと。

さらには正体はクリー人の科学者マー・ベルだったことなど、ちょっと複雑に感じましたね。

うちのネコ
うちのネコ
どの作品も最初の1つ目って結構複雑

この映画、面白かったんですが、ヒーロー映画で重要なヴィラン。

これが今回拍子抜けした感がありました。ジュード・ロウが一応メインの悪役みたいに最終的になりましたが、なんか迫力皆無で…

もっといろいろなメイクや変化があってもよかったなぁ。あれではただ宇宙服のコスプレしたジュード・ロウですからね。ブラックマンタを見習ってほしいです。

映画『アクアマン』ダサい敵キャラ”ブラックマンタ”とは何者?水陸両棲の海底人という特殊な設定で、今回実写化されたアクション映画、アクアマン(原題:Aquaman) こちらは「DCコミックス」...

ブリー・ラーソンは今回の作品で初めて見ましたが、笑顔が可愛い女優さんですね。

キャプテンマーベルがちょっとクールなキャラなので、今後もっとフレンドリーなシーンとか出たらいいなと思いました。

うちのネコ
うちのネコ
個人的にはアントマン(ポール・ラッド)との掛け合いを見たい

アベンジャーズはエンドゲームにて終了しましたが、新アベンジャーズとして引っ張っていってほしいと思います。

強さで言ったら頭200個ぐらい飛び抜けてますので。

【ネタバレなし】アベンジャーズ:エンドゲームのレビュー&注意点マーベルのヒーローが集結し、悪と戦う世界的に人気なヒーロー映画、アベンジャーズ! その集大成ともいうべきアベンジャーズとして4作目...