Drama

お薦めドラマ『ブルックリン・ナイン-ナイン』主要キャストを紹介

海外のコメディドラマといったら何を思い浮かべますか?

日本でも有名どころといえば、ちょっと前でいえば「フレンズ」とか「フルハウス」。最近だと「ビックバン★セオリー」などが有名です。

私は特に「フレンズ」と「ビックバン★セオリー」がお気に入りなんですが、とんでもない作品が追加されました。

その名も、ブルックリン・ナインナイン!

ニューヨークの都市、ブルックリンで活躍するニューヨーク警察99分署のドタバタシチュエーションコメディです!

このドラマが本当に面白い!面白い理由はたくさんあるんですが、とにかく四の五の言わず観てほしい!全力でおすすめできるドラマです!

今回はなぜそこまでおすすめできるのか。メインキャストの紹介も含めて一生懸命語ります。

うちのネコ
うちのネコ
ナインナイン!

あらすじ

頭は切れるが中身は子どもの刑事ジェイク・ペラルタが勤務する分署に、堅物の署長が赴任する。その規則厳守の新管理体制に、ジェイクのお気楽生活、危うし?!
ネットフリックス内容紹介より引用

ちょっと短いですが、これ以上言うことも特にないです。笑 

そのぐらい普通の警察署での話なんですが、それがおもしろい!なぜ普通の設定でそんなに面白いのか?それはつまり登場キャラクターがおもしろい!ということです。

主人公のジェイクは優秀な刑事ですが、ふざけるのも大好き。ジョークを言ったり騒いだりすることも好きな、かなりおちゃらけたヤツです。

そんな中、新しい署長が就任します。それがホルト署長。ジェイクとは逆で、職務を全うしようとする真面目で無口なタイプの上司です。

そんな別々のタイプの2人を中心に、個性豊かな99分署メンバーの日頃の出来事や事件を、警察ドラマとは思えないほどユルく繰り広げます。

それではメインキャストをご紹介します!

メインキャスト紹介

ジェイク・ペラルタ(演:アンディ・サムバーグ)

ブルックリン・ナイン-ナインの主人公で、99分署のエースです。

正義感も強く、頭もキレて、仲間思い。そして映画 ダイハードが大好き。

…なんですが中身がめちゃくちゃ子供!それが原因で捜査に支障が出ることも…多々あり!

99分署のムードメーカーで、ふざけるのも大好き!ただしそれが人を馬鹿にしたり笑い者にしたりするようなことではないので、みんなも呆れつつも楽しんでます。

うちのネコ
うちのネコ
こんな人が仕事場にいたら、仕事するのが楽しくなっちゃいそうだね

ローザ・ディアス(演:ステファニー・ベアトリス)

まさに男勝りの女性警官。

いや、男性よりも怖い。服は基本黒で統一され、笑うところもなかなか人には見せません。

住んでいる場所がどこかわからないというほど、自分のプライベートのことに関しては持ち出さず、感情の表現も下手です。

刑事としては非常に優秀で、頭も良くタフな性格です。頼りになる存在。

しかしそれと同時に性格もきつい…プリンターがうまく作動しないだけでぶっ壊しますからね。

テリー・ジェフォーズ(演:テリー・クルーズ)

巡査部長でジェイクたちの上司にあたります。

ちょうど署長と刑事たちをつなぐパイプのような存在ですね。みんなから頼られるお兄さんのような存在でもあります。もちろん刑事としての腕も優秀。

体を見たらわかりますが、超マッチョ!彼のサスペンダーにピチピチシャツは憧れます。体の筋肉を維持するためのトレーニングや食生活にもストイック。

ただ昔太っていたので、そのことに触れるとめちゃキレます。

双子の娘が生まれて以来、怪我をすることや死ぬことに恐怖心を持ってしまい今では現場に出ていません。そして奥さんに頭が上がりません。

エイミー・サンティアゴ(演:メリッサ・ファメロ)

優秀な女性刑事。

非常に負けず嫌いで、何にでも張り合います。今は ジェイクとどっちが多く逮捕できたかを競い中。

仕事に対しても熱心で、おちゃらけたジェイクとは反対な性格。とにかく真面目です。

ただ真面目な性格から空回りすることも多く、ジェイクにからかわれたりすることも。その優等生キャラがすげー笑えます。

うちのネコ
うちのネコ
個人的にタイプです…

チャールズ・ボイル(演:ジョー・ロ・トゥルリロ)

身長も小さめで、運動音痴。みんなからイジられるキャラですが、仕事熱心で優秀な刑事です。

非常に正直な性格で、喜びも嫉妬も100%で表に出します。裏表がゼロです。

ただ非常にグルメで、フードやレストランに超詳しい!その中にはみんなが食べたがらないゲテモノ系もあって気持ち悪がられたりもします。

うちのネコ
うちのネコ
一言で言えば『クセがすごいっ!!』

ジーナ・リネッティ(演:チェルシー・ペレッティ)

警察署で働く事務員で、署長の秘書の働きもします。基本仕事はサボリがち。

かなり抜け目ない性格をしています。警察官ではないですが、何気に一番度胸があるかもしれません。自分の思ったこともズバズバ言うタイプ。

ダンスや音楽が好きで、自分を超エレガントな人だと思っています。まあ確かにエレガント風ですが、ダンスはかなりおかしいことになってます。

署長に対しても正面から意見を言っちゃう図太い性格ですが、なんだかんだジーナの言ってることは当たっちゃいます。

レイモンド・ホルト(演:アンドレ・ブラウアー)

99分署に配属された新しい署長。

真面目な性格と、あまり気持ちを表に出さない性格で、ジェイクからは堅物と言われます。署長が配属されてからのストーリーがブルックリン・ナインナインですね。

警察官としての使命を持ち、99分署を地区一の署にするため指揮をとります。表には出そうとしませんが実は負けず嫌いで、それがモロに出ているのもおもしろい。笑

彼がジェイクと正反対なタイプのため、そこでのやり取りのおもしろさが、ブルックリン・ナインナインの大きな魅力の1つでもあります。

あわせて読みたい
ドラマ『ブルックリン・ナイン-ナイン』シーズン1のオススメ紹介ネットフリックスを起動して、再生ボタンをポチッと押すことが日課となってしまいました。再生するのはもちろん、海外ドラマ「ブルックリン・ナイ...

おすすめポイント

登場キャラが最高

このドラマの最大の魅力は登場するキャラクターたちです。みんな個性はバラバラですが、全員好きになっちゃいます。確実に。

皆それぞれ完璧な人間などではなく、むしろ欠点もしっかり持った人間らしい人間なのですが、誰の事も嫌にさせない優しさがそこにあります。

個人的に感じるのは、登場キャラがみんなピュアなんですよね。自分にダメなところがあれば「俺はこんなところがダメなんだ」と伝え、でもそんな自分を否定しないんです。それが自分だ、というところを認めて、そして仲間に頼るのです。

これはまさに人間力の高さですよ!コメディドラマを見て人間力を学べるんですよ!

私もこのドラマを見てから、自分のダメなところを真っ向から否定するのをやめました。

うちのネコ
うちのネコ
すぐビビっちゃう性格も、足が臭いのも、それが私。

1話たったの20分!

ドラマは1話が約20分程度です。なので、ちょっとした合間にも見ることができます。

しかも1話完結型なので、続きが観られなくてストレスになることも無し!話自体もかなりゆる〜いので、ポケーっと見てるだけでもいいと思います。

ネットフリックスのオリジナルアプリがあればダウンロードできるので、寝る前にベッドで1話だけ観たり、電車での通勤時にちょっと観たりというのもおすすめ。

英会話の勉強にもGood

ドラマの舞台は警察署ですが、内容は普段の生活にかなり近いので、自然な英会話を聞くことができて非常に効果的です!

専門用語も意外と少ないので、英語を聞くという目的には適していますね!なお英語だけじゃなく、リアクションやジェスチャーだけでも楽しめますよ!

ただしコメディドラマなので会話のスピードはちょっと早め…

でもそれを差し引いてもわかりやすい英語満載でいい勉強になります。

まとめ

このドラマ、最初観たときはあまりハマらなかったんです。つまらないわけではないが、おもしろくはない、てきな。

ただ徐々にキャラの個性が出てくると一気に引き込まれ、めちゃくちゃおもしろくなってきます。これはつまりキャラの魅力ですね。それにやられました。

結果私は毎日観てますからね。というか、家に帰って来たらとりあえず再生します。彼らの会話が部屋のBGM代わりになってます。

そして実は今回紹介しなかったメインキャラがあと2人います…この2人もかなりクセの強いキャラです。観てからのお楽しみ!

2018年7月現在、ネットフリックスのみの配信だそうです。ネットフリックスを契約している人は必須です!是非観ていただきたい!

とりあえず10話ぐらいまで見てください。その頃にはズッポリはまってます。

うちのネコ
うちのネコ
ナインナイン!