English

文法よりもまずはコレ!初めての英会話学習には○○が便利で早い!

※英会話ができるようになりたい!と思った初めての方に向けた内容となっております

いきなりですが、英会話ができるとやっぱりかっこいいと思いませんか?

そしてそれと同時に英会話ができるようになるには非常に多大な努力が必要だと知っている人も多いとおもいます。

英会話学校の授業はなかなか高額ですし、独学でやろうとしても続けることが壁となります。

はたまた留学なんて時間とお金が必要になってくるので、今の生活からその壁を越えられるのはなかなか多くはないでしょう。

うちのネコ
うちのネコ
私も壁にぶつかりまくった日本人のうちの1人

そして英会話習得のため、多くの日本人がまず考えるのは文法の習得です。

しかし私は英会話習得の際に、文法の勉強よりも非常に効率的でなおかつ実践的だと思える学習法があります。

それは「海外の映画やドラマのセリフ(フレーズ)をそのまま使う」という方法です。

例えば日常会話を学びたいのであれば、日常生活を舞台としたドラマを見て、そこで出てきたセリフ(フレーズ)をそのまま使っちゃうことですね。

今回はその理由と文法に囚われすぎて起きた失敗談をお伝えします!

文法を気にしすぎた失敗談

「海外の映画やドラマのセリフ(フレーズ)をそのまま使う」というのは文法など云々を考えずにとりあえず真似する!ということです。

じゃー文法なんて必要ないのか?と言われるとそうではないです。

ただし文法に気をとられるあまり、会話が成り立たなかった経験もしてきました。少しばかり紹介します。

失敗談 その1

ある外国人と会話をしなくてはいけない状態になり、友達が英語で話しかけます。

彼は非常に英語の成績が良く、文法等も私なんかよりも良く知っていました。

しかし実際話そうとした際に、「文法をしっかりしなくては…!」という思いに駆られたのでしょう。慎重に文法をつなぎ合わせガタガタの英語で話しかけたのです。

うちのネコ
うちのネコ
は、How…ディ、did…you えっと、どぅ..do とぅ..あ、get….(文法は完璧なのよね)

彼の気持ちはよくわかりましたが、横で聞いてる私も何のことを聞きたいのかさっぱりでした。

案の定伝わってません。

失敗談 その2

旅行先である外国人から声をかけられました。朝に会ったのでこっちから”Good morning!”と話した返答でした。

彼は私に”How is it going??”と尋ねます。

しかし私は混乱します。文法上直訳すると「それはどんな感じだい?」になるからです。

案の定、私はなんとも言えない変な感じでやり過ごすしかないのでした。

うちのネコ
うちのネコ
へへへ…(んっ?!それ?それって何のことだよ!?俺なんかしたっけ?)

このように文法を気にしてしまうと、いろいろ遠回りをしてしまうこともあります。

「そのまま使う!」ことをオススメする理由

英会話を取得したい!と思った時に、まずは文法ってことになると失敗してしまうよ、という理由はお伝えしました。

では「海外の映画やドラマのセリフ(フレーズ)をそのまま使う」ことでどんなメリットがあるのか?それをご紹介します。

理由1 考えなくていい

さっきの失敗談の1でもあったように、文法を組み立てて会話するのは非常に大変です。

英会話になれた人なら問題ありませんが、初めてやってみようと思う人には『脳が爆発する!』ってほど大変な作業でしょう。

例えば…相手が男性なら”he”ですね?なのでbe動詞は”is”になります。しかし一般動詞を質問する時は”does”です。そして彼が2人になれば”he”が”they”に変わり…

どうですか?こんなことを考えながら会話のキャッチボールができるでしょうか?

しかし「セリフ(フレーズ)をそのまま使うこと」はすでに出来上がっている文章。同じ状況の場合は考えずにそのまま真似すればいいのです。

理由2 発音もそのまま

英語には少々厄介なところがあります。単語の並びによって発音が若干変化する点です。

例えば、”did”はそれだけだと「ディドゥ」って感じですよね。そして”you”は「ユー」です。

しかしそれが”did you”になると「ディジュ」って感じになります。

うちのネコ
うちのネコ
カタカナにするとちょっと変ですが、お許しを

もちろん”did you”を「ディドゥ ユー」と言ってもわかってもらえると思いますが、基本みんな会話をする時は「ディジュ」になります。

なので、そのようなセリフが出てきてなおかつ使いたかったら、そのまま言ってしまえばいいのです。『”did”は「ディドゥ」だよな…』なんて考える必要なしです。

「ディジュ」って言っていたのなら「ディジュ」って言ってしまえばいいのです。

理由3 リアルな英語

英語は言語です。なので土地や人柄等によって変化しますし、時代によっても大きく変化します。

流行りもあったり、造語や俗語も登場するため、過去の教科書を開いて勉強しても追いつけない部分もたくさんあるでしょう。

しかしドラマや映画では、それらをうまく使っているものがたくさんあります。あなたの求める形に近いドラマや映画を見ればいいのです。

うちのネコ
うちのネコ
もちろん時代背景とかはあるので、全部ではないですが…

なので最近の若い子が使うような英語を使いたかったらティーンズに人気なドラマを見るのがいいですね。

そしてあなたが殺し屋として海外で活躍したいのであれば、ジョン・ウィックなどの映画を観るのがいいでしょう。

映画『ジョン・ウィック』あのコイン(硬貨)の価値は○○ドル?かつて恐れられた殺し屋が復帰し、暴れまわるキアヌ・リーブス主演の映画、ジョン・ウィック(原題: John Wick)。 妻のため殺...

流行りのドラマのフレーズを使うことができたら、びっくりされますよ。『よく知ってるね!』なんて。

まとめ

英会話を使えるようになる近道として「海外の映画やドラマのセリフ(フレーズ)をそのまま使う」というのをご紹介しました。

もちろん、そのセリフ(フレーズ)にあうタイミングが必要だ、と思う方もいらっしゃるでしょうが、思った以上に使えるセリフはたくさんあります。

自分の中の得意フレーズを少しずつ増やしていくことで、話せることが多くなります。

そしてそれが自然と文法などの英会話力UPにつながります。

一度自分の好きな映画やドラマを見て、使えるフレーズがあるか見てみてください。きっと好きなフレーズがあるはずです。

英会話にまず必要なこと。それは簡単だけど難しいコレです英会話を学びたい! しかしどうすればいいのか。やっぱり文法から?単語を丸暗記?初めての方は悩む人も多いと思います。そんなこと言う私...