Movie

マーゴット・ロビー出演『スーサイド・スクワッド』は恋愛映画です

ただハーレイ・クイーンに恋しちゃったよ、という事実を書いた記事です。

ヘロー、オリ(@721st)です。

ヒーローの敵、つまり”ヴィラン”が戦うアクション映画、スーサイド・スクワッド(原題:Suicide Squad)ってご存知ですか?

アメコミの1つ”DCコミックス”が出版しているコミックのキャラクターが作品の枠を超えて1つの世界で戦う『DCエクステンデッド・ユニバース』シリーズ。

悪党たち(ヴィラン)が集結し、新たな敵を倒すという新たな視点…これはもうワクワクさんです…が!

これ…私にとってはただの恋愛映画でした。

あらすじ

世界崩壊の危機が到来。政府は、最強のスナイパーであるデッドショット(ウィル・スミス)や、ジョーカー(ジャレッド・レトー)に夢中のハーレイ・クイン(マーゴット・ロビー)ら、服役中の悪党たちによる特殊部隊“スーサイド・スクワッド”を結成する。命令に背いた者、任務に失敗した者には、自爆装置が作動するという状況で、寄せ集めの悪党たちが戦いに挑む。
シネマトゥデイより引用

キャスト

・ウィル・スミス
・ジャレッド・レト
・マーゴット・ロビー
・ヨエル・キナマン
・ヴィオラ・デイヴィス
・カーラ・デルヴィーニュ

ジャレッド・レトは映画「ダラス・バイヤーズクラブ」でアカデミー賞やゴールデングローブ賞を受賞しています。

レビュー・感想

これ以降は映画のネタバレを含みます。ご注意ください。

そうか。これは…恋だ。

そう感じたのは映画館からの雨の帰り道でした。

そうです。ハーレイ・クイーンの毒に犯されてしまった私なのです。

もうこの映画は彼女のための映画だといっても過言ではなかった…私の目には彼女以外の出演者は全て霞んでしまっていたのだ。

ハーレイ・クイーンとはジョーカーの彼女。ジョーカーに負けず劣らずのクレイジーさ。

でもね。決してジョーカーに嫉妬の気持ちはない。

彼女の愛は見る人すべてに平等に与えられるから…

…『いい加減にしろ!』という声が聞こえてきそうなんでやめます。

とにかくLOVE !! ハーレイ・クイーンにLOVE !! マーゴット・ロビーにLOVE !!

もうホント魅力たっぷりでね。最高でした。

通常のヴィランと違って、特殊な能力はないんです。やっていたことは2つだけ。

バットを使って相手をぶん殴る、通称「ファンキースタイル」。

でかい銃で容赦なく相手をぶっ放す、通称「アーノルド・シュワルツェネッガースタイル」。

だけど強い。かなり強い。敵を恐れないクレイジーさがその秘訣でしょうね。

そしてハーレイ・クイーンという役にはまっていたのが“マーゴット・ロビー”

魅力はシンプルに可愛い!セクシーなんだけど、時折見せる子供っぽいところも可愛い。

ハーレイ・クイーンがいわゆる異常者というかクレイジーというかサイコパスというか…

なので、『そんなヤバい人なのに可愛いっ!』ていうギャップが見事に表れていていました。

そしてあの格好!

お尻に見惚れていました。いや、全米が見惚れていました。

ストーリー展開がありえないとか、こんなの無茶苦茶だとか言っているレビューも多いですが、それを気にする必要はありません。

ただ映画(お尻)を楽しむ。そんなのもあっていいと思います。

なお、映画を観た日から2日連続で夢にハーレイ・クイーンが出てきました。

これを「恋」と呼ばないのであれば、この気持ちは何なのでしょうか。