Movie

映画『ブラックハット』ネタバレ感想!ハッカーの話…じゃない!?

アベンジャーズなどで「雷神ソー」を演じているクリス・ヘムズワースが主演のクライムアクション、ブラックハット(BLACKHAT)。

すご腕ハッカーで天才プログラマーのニコラス(クリス・ヘムズワース)が警察と協力し、謎のハッカーと戦います。

感想としては、色々ツッコむところが多すぎて、『もはやハッカーの話ではないな、こりゃ』という状況の陥ってしまいます。

まあ一言で言えば「残念な映画」と言わざるを得ないでしょう。

先にお伝えしますが、多分あらすじや予告編を見て「面白そう」と感じた人の期待は裏切られるでしょう。しかも悪い意味です。

今回は、映画【 ブラックハット 】のネタバレを含むレビューを紹介します。

あらすじ

ネットワークに不法侵入されたことで香港の原子炉が破壊されてしまい、さらにアメリカの金融市場も被害を受ける。アメリカと中国の合同捜査チームは事件解決のため、現在獄中生活を送るすご腕ハッカーで天才プログラマーのニコラス(クリス・ヘムズワース)に協力を要請。犯人は以前彼が開発したプログラムを応用しており、正体・目的共に不明の犯人のしっぽをつかむべくニコラスは捜査チームと一緒に世界中を駆け巡るが……。
シネマトゥデイより引用

香港の原子力発電所が謎のハッカーに攻撃され、システムが狂ってしまい爆発してしまう。

相手のハッカーとしての腕は非常に高い。ということで警察は現在服役中の天才ハッカーに助けを要請する、という感じです。

レビュー

これ以降はネタバレを含みます。ご注意ください。

先に良かった点を書かせていただきます。

まずは主演のクリス・ヘムズワース。かっこいいのはもちろん知っていましたが、今回の映画でも非常にかっこよかった!

というのもキャラクターの設定がすごすぎました。 クリス・ヘムズワース演じるニコラスは天才的な腕を持つハッカー。ケンカも強い。それでいてあの容姿ですからね。

そんなのぶっちぎりにズルいでしょう。せめてケンカは弱いとか、身長は150センチとか、女性とは緊張して話せないとか、体臭キツイとか…

完璧にそろっていたので「かっこいい」というのが当たり前のようなキャラクターでした。

また、意外な展開も良かったです。なんと言っても主要メンバーたちが相次いで死にます。

まさか中国にわたった主要メンバー5人のうち、主人公とヒロイン以外が全員死ぬって展開が斬新でした。

大体の映画は何人かは生き残るんですけどね。特にワン・リーホン演じるチャンは生き残ると思っていました。

そこは見ていて驚きましたし、そうゆう意味で楽しめました。

またその中の連邦捜査官が、ネットフリックスのオリジナルドラマ「マインドハンター」に出演していたホルト・マッキャラニーでしたね。

あわせて読みたい
ドラマ『マインドハンター』シーズン1キャスト紹介とネタバレ感想Netflix (ネットフリックス)オリジナルで、実在するFBI捜査官を題材にしたドラマ、マインドハンター(Mindhunter)。 ...

さて、ここからはマイナスだと感じてしまった点です。

まずはストーリーですが、犯人グループの行動がイマイチ理解できない。

結局のところ動機はお金のようです。ある採石所を崩壊させ、それにより品薄になり、そのものの価値(値段)が上がる。よって大もうけをする。というのが犯人グループの最終的な目的でした。

そのために一番最初に行ったのが「原子力発電所の爆破」です。 まあコレは結果的に爆発した感じですが、それにより何人もの死者がでてしまいます。

またその次は、ハッキングしてあるものを高騰させ、それにより利益を得ます。そして最終的にはさっきのプランに持っていくわけです。

うちのネコ
うちのネコ
うーん。なんだかしっくりこないのは私だけ?

なんだかものすごい遠回りして、結局お金を手に入れるという。「あえて遠回りをして犯罪を犯さないようにする」など何かしらの理由があるならいいんですけどね。

そうではないですし、実際には原子力発電所を爆破して人をたくさん殺していますし。

そもそもなんですが、そこまで凄腕ハッカーならもっとスマートにお金を盗んだりできないんですかね?

色々様々な事件を冒して、最終的にはお金!というやり方に違和感しか残りませんでした。

そして登場人物でいったらやはり主人公のニコラスでしょう。

先ほど「かっこよかった」とお伝えさせていただきましたが、 それが逆に大いにマイナスになってしまったと思います。

銃やナイフを持った相手に、立ち向かっていきます。時には複数を相手にして勝ってしまう。

そんな天才ハッカーいますかね?というよりそんなキャラが必要なのでしょうか?

というか、ハッカー云々の映画にアクションは必要なのでしょうか?

これが原因で、一気に「ありえないだろ!」という気持ちが出てしまい、単純に楽しめなかったです。

しかもそうなると、周りの人たちの必要のなさも浮き彫りになります。1人で何でもできてしまうのも考えものです。

そして最後に触れておかなければならない、あの恋愛模様です。これが一番必要なかった…

結局2人は逃避行となります。結果的に表立って事件を解決はしてないですし、なんなら犯人のお金を奪って使っちゃってますから。

終わり方も、この先2人は隠れながら生きていかなければならない…みたいなニュアンスで終わり、まったく煮えきりません。

ヒロインはアジア系美女で可愛いんですがね。だからこそ、無理やりねじ込んできた感が満載で、ガッカリでした。

うちのネコ
うちのネコ
久しぶりに、見て何も得られない映画を見ましたな