Movie

映画『イエスマン』が名作なのは主演がジム・キャリーだからこそ

ジム・キャリーとゾーイ・デシャネルの魅力が混ざり合った名作。『何事においてもイエスと答える』ことは難しいけど、観賞後は”YES”と言いたくなってしまう。その理由を書いた記事です。

ヘロー、オリ(@721st)です。

ジム・キャリー主演のコメディ映画、イエスマン “YES”は人生のパスワード(Yes man)ってご存知ですか?

「1つの言葉で人生を変える」という映画を観た多くの人に勇気を与える、恋あり友情ありの素晴らしさMAXの感動作。

そして観賞後、みんな思うでしょう。『よーし、明日からイエス連発だ!』と。だってあんなにカワイイ人と出会えるのであれば…

あらすじ

仕事でもプライベートでも「ノー」を連発し、親友の婚約パーティーまですっぽかしてしまう後ろ向き男カール(ジム・キャリー)。生き方を変えようと決心した彼は、いつどんなときも「イエス」と言うルールを自分に課す。その結果、偶然知り合ったアリソン(ゾーイ・デシャネル)から好意を持たれるなど、運気を上げていくカールだったが……。
出典:シネマトゥデイ


レビュー・感想

これ以降は映画のネタバレを含みます。ご注意ください。

すごくいい映画。だからこの映画が見終わった後、多くの人が思うと思います。

『明日から私もイエスと言ってみよう』と。

何でそんなに言いたくなっちゃうのか?私はそれを2人のキャラクターのおかげだと思っています。

ジム・キャリー

『ねえねえ、ジム・キャリーの良さって何?』と言われたら、私は一言「ジム・キャリー」と言うでしょう。

それはいわゆる演技という意味ではなく、その人間が出せる特有のオーラっていうんですかね。モワ〜ンと漂う何か。

私は映画やドラマは好きで良く観ますが、演技力に関して全くの無知。全員演技うまいなーと思っちゃうタイプです。

ただジム・キャリーに関して言えば、演技云々の前に、『この顔、シンプルに最高だなー』とか『この表現はこの人しかできないんじゃないかな』と思うことがよくあります。

特に笑ったり微笑んだりところやジョークを言うところは、まさにジム・キャリー。演技とかではなく、ジム・キャリー。

なのでこの映画の主人公がジム・キャリーだったということで個人的にはひとまず大満足なのでした。

で、ストーリーはと言いますと…これがまたジム・キャリーにピッタシな内容。

過去の離婚を引きづって、仲間の呼びかけにも適当な嘘をついて流して、仕事でも特にやる気なく、家でDVDばかり見てる、といった男性、カールが主人公です。

うちのネコ
うちのネコ
まるで自分を見ているかのような

そのカールがある知人から紹介されたセミナーにて『何事においてもイエスと答える』という誓いを立てるわけです。

この『何事においてもイエスと答える』とはつまり、何事においても経験してみるということ。

最初は半信半疑だったけども、実際にそれを試し始めた時から、新たな出会いがあったり、新しいことを始めたりと徐々に人生が上手くいくようになる、というのが大まかなストーリー。

このセミナーに行く前のカールみたいな人って、いっぱいいますよね?

実際私自身もそうで…なんだか面倒だな、と誘いを断ったり、新しいことに挑戦する勇気がなかったり。

ただ、やってみたほうがいい、というのは心の中ではわかっているので、その時はいつも小さな葛藤があるのよね…

実際映画のカール自身は”イエス”と言う前と言った後でホント180度変わりました。

その変わった後の『毎日楽しいなぁー!』っていうのを表現するジム・キャリーがホント素敵でね。

だから私なんかからすると希望しか湧かないわけですよ。「あ、イエスッて言いまくればジム・キャリーみたいになれるんじゃないか!?」と。

この映画の高評価な理由ってそこにあると思うんですよね。

もし”イエス”言いまくってもそんなに楽しそうな人生に変わってないのであれば映画を見た後『いい映画だったね』ぐらいで済んじゃいそうだし…

そうなると、やっぱり『ジム・キャリーいいなぁ。私もイエスって言ってみようかなぁ。』ってなるんですよ。

ゾーイ・デシャネル

まず、日本語だと”ズーイー・デシャネル”と表記されることがありますが、私は”ゾーイ・デシャネル”と呼びます。呼ばせてください。お願い。

で、アリソン役のゾーイ・デシャネルの何が良かったか?

カワイイんです。

天真爛漫で少し不思議な女の子を演じていますが、とにかくカワイイ。声が少しハスキーな感じでカワイイ。目の色も綺麗な青でカワイイ。変な歌を歌っちゃうところもカワイイ。

ちなみに彼女はシー&ヒム (She & Him)という音楽活動もやっています。私の好きな曲を貼っておきますね。

ね、好きになっちゃいますよね?

うちのネコ
うちのネコ
ゾーイ、ホントにかわいい。一緒にパンケーキ作りたい。協力して生地をまぜまぜしたい。

この映画、大好きです。

『何事においてもイエスと答える』とシンプルに考えて機械的に行動するというのは、確かに効果があると思います。

でも…わかりますよ。言うは易し。シンプルだけど難しい。

だけれども…だけれども!

ゾーイ・デシャネルのような子と出会えるのであれば!一緒にパンケーキを作れるのであれば!

『何事にもイエスと言うか??』という問いに私は”YES”と言いますよ。

ジム・キャリー主演映画『トゥルーマン・ショー』ネタバレ感想!私の好きなジム・キャリー主演のヒューマンドラマ、トゥルーマン・ショー(The Truman Show)。 若かりし頃のジム・キャリ...